yamamotochihososeisho

「大学は田舎にあって全然問題がない。むしろいい勉強ができる」「東大を(地方へ)移した方がよいくらいに思っている」などと発言。
7月25日に開かれた参院予算委の閉会中審査で、質疑者の桜井充議員(民進)が、答弁に立った山本地方創生相に対して「いらない、出てけ!」と声を荒げる一幕があった。
内閣府が「総理のご意向」「官邸の最高レベル」などとして、文科省に対し早期開学を促していたとされる文書をめぐり、文科省と内閣府の見解が食い違っていることを受けて、野党側は山本幸三地方創生相や、萩生田光一・官房副長官を追及した。
ロンドン・オリンピックの際に大英博物館が建物を改装し、「抵抗した学芸員を全員クビにして大成功した」などと発言していた山本幸三・地方創生担当相が4月21日、発言内容を「訂正しないといけない」と述べた。
山本幸三・地方創生担当相の「大英博物館は観光マインドがない学芸員は全部クビにした」という発言について、大英博物館の広報担当者は4月19日、ハフィントンポストの取材に対し「(山本氏の発言は)明らかな事実誤認です」と回答した。
山本幸三・地方創生相が4月16日、滋賀県大津市で開かれた地方創生に関するセミナーの中で、「一番のがんは文化学芸員と言われる人たちだ。観光マインドが全くない。一掃しなければ駄目だ」と発言し、波紋を広げている。