yamazakidaiyu

答えのない時代だから、型にはまるより、問いかけたい。若新雄純さんの“永遠思春期“的な生き方とは。
「大事にしたいのは、目の前の対象といかに丁寧に向き合うか」。経営者にも賞賛される、書道家の武田双雲さんが実践する「マインドセット」の方法とは?
「世の中とLGBTのグッとくる接点をもっと」をテーマにコンテンツを発信している「やる気あり美」編集長の太田尚樹さん。なじめなかった記憶を、どのように笑えるコンテンツに変えてきたのでしょうか。
ラグビーワールドカップで決勝トーナメント進出を決めた日本ラグビー。マザーハウスの副社長 山崎大祐さんが、日本ラグビー協会で「指導者を育てるコーチ」として活躍する中竹竜二さんに話を聞いた。
世界陸上のハードルで銅メダルを獲得した為末さんはいま、東京・渋谷で「シェアオフィス」を運営している。コーチ不在、練習は1日2時間……異色の競技人生は、ビジネスの世界でどう生きているのか。
実は、副業やリモートワークなど、新しい働き方提案は、「会社とは何か?」を考えることでもあります。
いま起こっていることの本質は、働きかたというより、働く目的に多様性が増しているんだと思うんです。
いまって会社の危機だと思うんです。この数十年は、「会社」への信頼がかつてなく低くなっている。特に日本はそうだと思います。