yasukunisanpai

東京都議選の応援演説での発言をめぐり、与野党から辞任を求める声が出ている稲田朋美防衛相。過去にも問題になった言動の数々をまとめてみた。
2015年8月14日、安倍晋三首相は終戦70年の談話を発表しました。それを受けて、シンガポール外務省はプレスリリースを発表しました。
高市早苗総務相は10月18日午前、秋季例大祭が行われている東京・九段北の靖国神社を参拝した。9月に発足した第2次安倍改造内閣の閣僚で、靖国神社を参拝したのは初めてだ。
高市早苗総務相は10月14日、閣議後記者会見で靖国神社の秋季例大祭に合わせて参拝する考えを示した。
8月15日の靖国神社と千鳥ケ淵戦没者墓苑の様子を、写真でまとめた。
小泉進次郎・内閣府政務官が靖国神社に参拝した。
私がこの提案を行うのは初めてではない。2005年8月、米ウォールストリートジャーナル紙オピニオンページに歴史和解を最終確認する儀式を提唱して以来、ほぼ毎年、同じ主張を続けている。
ハフポストの伝えるところでは、従軍慰安婦、「河野談話の検証チームを政府内に作る」菅義偉官房長官との話である。
ニューヨークタイムズはアメリカ政府が進める軍縮について詳しく説明している。現在の様な軍事支出を続けていてはアメリカの財政は持続不可能なので、第二次世界大戦前の規模に縮小するというのである。兵士の数をベトナム戦争の時の四分の一、44万人にまで減らす。アメリカは第二次世界大戦後「世界の警察」として世界の平和維持のために尽力して来た。これからは世界の警察官の数が減るという事である。
『ハフィントンポスト』に「デヴィ夫人はなぜ『徹底控訴』なのか ブログ掲載の顔写真めぐって断言」という記事が掲載されており、いろいろ思うところがあったので、これについて少し。