yato

批判しても全然構わないが、親の仇のように憎む必要はない。
国会議員の間では「いつ自分が逮捕されるのだろうか」という恐怖が広がっています。
18年前、「地盤・看板・カバン」が全くない28歳の私にチャンスを与えてくれたのが民主党でした。
加計学園の問題に対する安倍内閣側の対応が、拙劣極まりないものであったことは、これまで述べたとおりである。
この問題全体に関する論点を、可能な限り網羅的に取り上げて整理し、解説してみたいと思う。
政府は、専門職で年収の高い人を労働時間の規制から外す「高度プロフェッショナル制度」を盛り込んだ労働基準法改正案を、連合の要請を受けて修正する方針を固めた。
「政策で勝負」の時代、自治体の現場から大いに実現可能な提案をしていきたいと思います。
国民が野党に期待してきたことは、政府批判を繰り返すことではなく、いつでも政権交代が可能な「政権準備政党」だったのではないでしょうか。
混迷を極める東京都知事選立候補予定者の記者会見が開催された。2時間にわたる長時間の会見だったが、明確になったことが二つあった。
野党の仕事というのは政権与党に難癖をつけることではない。