yatosaihen

立憲民主党と統一会派を組まないのはなぜ?
思えば、たった一人、無所属議員でスタートした政治家人生。当初から…
みな、過去に実際にあった政党です。
穏健な中道保守の野党再編のためには、安倍自民党とは一線を画する経済政策が必要です。
違憲の安保法制の強行採決で一旦下がった内閣支持率がじりじりとその後上がっているのも、ひとえに野党のふがいなさが理由です。
野党再編後の新党は、社会的公正と経済活力を両立させ、いろんな人の価値観の多様性を認める開放的な社会を目指します。
民主党内の保守議員からは「政権批判を繰り返すばかりでは、共産に支持層を奪われかねない」との危機感も。
問題はこれからです。「維新の党」は、全くしがらみのない立場から既得権益を打破し、真の意味での「規制改革」「地域主権改革」「行財政改革」「議員や公務員が身を切る改革」等を断行してまいります。
議員としてこれまで私は、議会の出席は皆様の声を県政に届ける最も重要な役目と思い、何があっても出席し、言うべきことは正々堂々と──を心掛けてきた。それを破ることは有権者への一番の裏切りと思っている。今はそれだけを強調したい。
日本維新の会・橋下徹代表と結いの党・江田憲司代表は9月7日、東京都内で会談し、両党が合併して作る新党の骨格で合意した。1年間は両党から代表を選出する共同代表制とすることや、党名に「維新」を含め、大阪と東京に本部を置くことなどで一致した。