yokohamaf-marinosu

オビ・パウエル・オビンナ選手らが映画の登場人物に。「オビ」と聞くとファンはあのキャラクターを思い出しますよね。
高卒でプロ入りした大津祐樹が、大学生を支援することで壊したい“壁”とは。一方、現役選手がビジネスを始めるとあがる批判の声は、どう受け止めているのか。
レアル・マドリードの一員となった久保建英選手。セレモニーではFC東京だけでなく、横浜F・マリノスのサポーターにも感謝の言葉を述べた
7月27日、日産スタジアムで親善試合として開催される。
横浜F・マリノスの再生に向けて新社長となった嘉悦朗氏が立ち上げたのは、日産の再生を支えたのと同じ「CFT(クロスファンクショナルチーム)」でした。
私がマリノスの経営をやることが決まった時、日産と議論して決めたことは、自力での赤字解消にチャレンジしようということでした。
「アースアワー」は、世界中の人々が同じ日の同じ時刻に電気を消すアクションを通じて、地球温暖化の防止や環境の保全に向けた決意を表明する、世界最大の環境キャンペーン。
イギリスのシティー・フットボール・グループの日本法人が設立され、横浜マリノスが買収されるのではないかという報道が出ている。サッカービジネスをグローバル展開するメリットとは。
2009年7月に成績不振と収益の悪化に苦しむ横浜F・マリノス(以下、マリノス)の社長に就任しました。嘉悦氏は名門復活のために何を行い、どんな成果を上げたのか。
先日、横浜F・マリノスのサポーターがスタンドでバナナをかざした事が差別行為だとして横浜というクラブに対して処分が課された。今シーズンは、例の浦和レッズを巡る差別バナー問題もあり、日本のサッカー界も遂に差別問題に直面する事になってしまった。もちろん、「差別が悪」である事は当然の事であって、「だから差別は止めましょう。