yokohamashi

新型コロナウイルス対策で仕事が増え、感染の恐怖に怯える保育士たち。3密が重なる保育の現場からは、悲鳴が上がっています。
”未来のファン”をいかに獲得するかという課題と向き合う球団は、なぜ「絵本」を選択したのか。
無償で振り袖の貸し出しや着付け、プロのカメラマンによる撮影が行われました。
WWFはここ横浜から、「地球市民」の感覚が子どもたちに芽生えて、持続可能な社会を作る試みがグローバルに加速していくことを願っています。
世界中の人が日本人と同じ暮らしをした場合、1年間に必要とされる自然資源の量は、地球2.9個分といわれています。
福島県から横浜市に自主避難した中学1年の男子生徒がいじめを受けた問題で、横浜市教育委員会は、男子生徒が同級生に総額約150万円を払わされていたとされる行為について、いじめと認定することが難しいという考えを示した。
「あれからものすごく時間がかかっているし、僕はこれからどうすればいいのか」
福島第一原発事故で横浜市に自主避難してきた生徒がいじめを受けていた問題で、両親が学校に「子どもが同級生に150万円ほど払わされた」と訴えたのに対し、学校の調査では8万円分しか確認できず、生徒が率先して渡していたとして、いじめにはあたらないと判断していたことがわかった。