yorufukashi

ヒトは「寝て食べて出して初めて心身の活動のパフォーマンスが高まる昼行性の動物」です。眠る、食べる、出す、身体や脳を働かせる、の四つにはすべて快が伴います。みな気持ちのよい行為です。
睡眠を大切にしていないのは子どもだけではない。親が睡眠習慣を軽んじていて、子どもの睡眠習慣の面倒をみていなかったり、深夜の活動を励行していることすらある。