YOSHI

「かわいいか、かわいくないかという基準のないコンプレックスゲームに参戦してしまうと、本当にずっと地獄です」。ミスiD実行委員長を務めている小林司さんは指摘します。
「固定薬疹」という、特定の薬が原因になって発疹が出る病気になってからというもの、今まで感じることのなかったなんとも言えない恥ずかしさ、「どう思われているんだろう」という不安、やるせなさ、悲しさなどを感じるようになりました…。
私は人間のいいところは、考えるところだと思っているんです。考えるのは時に、辛いことだと思います。でも辛くても考えて、解決をする方法を探すことが人間はできるし、得意だと信じています。
ネットには無限の「個性的な美」があり、そこでは自分によく似たタイプの人が彼らなりの“美”を表現していた。
私を無理やり引っ張って、意味のない「可愛い」のリングに上げるのはもうやめてね。
100人いたら100通りの美があるはずなのに、日本人は「世間並みの美しさ」を求めてしまう。
メイクは自分に自信を与えてくれるものであり、自分を守ってくれる『鎧』です。
「乗り越えられるように頑張ろう」という気持ちにさせてくれるのであれば、そのコンプレックスはあっていいのかも...。
真っ白で、濁りのない肌をした同じクラスの女の子が羨ましかった。あの頃は。
友人の「この笑顔を見てると優しい気持ちになる」という一言が、コンプレックス解消のきっかけに。