yoshiengumi

「家族は作られるものであって、いろいろな形があっていい」。自身も養子として育ったという河瀨監督に話を聞いた。
結婚後、子供を産んで法的な家族になるために、それぞれが子供を産んで養子縁組をしたデズ・ステージさんとフェル・ガルシアさん。辛い時もあったが“2人の母”は今、家族のかたちを世に問いかける。
結婚、出産をテーマに女性の迷いや苦悩を描いてきた作家の甘糟りり子さん。作品に込めてきた思いを語りました。
映画「エスター」は、悪行を繰り返す養子に迎えた9歳の少女が、実は発育不全の成人女性だったことが判明する。
令和という時代に私たちが考えるべき「家族のカタチ」という特集を放送した。
ただ大人本位でかわいがったりするのではなく、子供が権利の主体であることを認識することが大事。
家族に必要なのは思い出。血のつながりじゃない。