yoshikawaakihiro

「いまでも何かあったら、福島第一原発は再び危機的な状況になりえると思うか?」この質問に、あなたはどう答えるだろうか。
あっけないほどきれいになっていた現場と、自動販売機やプリンタ業者も入れないという現実。身近に感じた作業員の努力。福島第一原発に初めて足を踏み入れた住民が見たものとは?
福島県浜通り地域の町(福島県では全ての町で「まち」と呼びます)や村の復興の度合いを取り上げるには、現在の避難区域に繋がる変遷を知る必要があります。
福島第一原発で熱中症にかかる原発作業員が相次いでいる。全国から応援物資を送る活動も始り、受け取った作業員は「まだ応援してくれる人がいた」と感謝を示す人が多いという。
福島第一原発で働く作業員にとって、厳しい夏がやってきた。熱中症防止のために、休憩を取ることが推奨されているが、休憩を取りたがらない原発作業員らがいるという。
「福島第一原発には興味がある人は多いけど、復興に向けて活動する福島の自治体には興味が持たれない」そんな課題を解決しようというワークショップ形式のイベントが、5月18日、日本財団(東京都港区)のボランティア支援プロジェクト・CANPANの主催で行われた。
原発がなかった福島県の広野町に、原発事故で大量の原発作業員がやってきた。この街で今起きていることは何か。原発作業員を支える元東電社員に聞いた。
震災から、3年——。漫画家たちが多忙な仕事の合間を縫って、東北に足を運び、被災された方々の話を聞いて描かれた作品の第二巻が、2014年3月11日に単行本『ストーリー311 あれから3年 漫画で描き残す東日本大震災』として発売される。
福島第一原発作業員の賃金が増やされることになった。一人あたり1万円増加するという。しかし今後は、東京五輪の開催や国費の投入により、人材確保が難しいとの見方も出ている。どういうことだろうか。
放射性物質を通さない防護服は、原発作業員の命綱だ。しかし、防護服は「防寒」を想定して作られているわけではないため、冬が来ると、今度は「寒さ」が作業員に襲いかかる。防護服は見た目が「紙」のような、ペラペラのものでしかないのだ。