yoshinoyurie

闘病生活の傍ら、彼女は最期までプロとして仕事に取り組み、常に高みを目指し努力し続けた。
ゆりえさんの存在自体が、奇跡であり、私たちにとってのギフトだったような気がします。