yozora

12月13日の夜にピークを迎える「ふたご座流星群」を見る方法は? 最大で1時間に55個出現と予想されています。
西日本・東日本の太平洋側では観測のチャンス大!グッと冷え込むので防寒対策をして観測しましょう。
北日本の日本海側などで、きれいな星空を見られるチャンスがありそうです。
できるだけ、明かりの少ない場所を選び、できるだけ空の広い範囲を見ると良いでしょう。
肉眼でも気軽に見られますので、是非、夜空を見上げてみて下さいね。
今夜は観測日和となる所が多い見込みです。
8月24日(水)、ぜひ夜空を見上げてみてください。南の空で火星とアンタレスが、土星と一列に並んで輝く姿を見ることができます。
23日、日の入り後、西の空には細い月。さらに、明るく輝く金星と、赤っぽい火星が並びます。
毎年多くの流れ星が見られる「ペルセウス座流星群」が、12日深夜から見頃を迎える。国立天文台(東京都三鷹市)の予測によると、今年の出現のピークは13日午前9時ごろ。日中の観測は難しいため、12日深夜から13日未明にかけてが狙い目という。
こと座流星群が4月22日夜に観測のピークを迎える。22日の23時から23日の夜明け前に観測でき、ピークは23日の午前3時頃。放射点がある「こと座」は、20時頃から北東の空にのぼり、ベガの少し右の位置の放射点を中心に全天にわたって流星が見られる。