yuitsuru

フィギュアスケートの世界選手権最終日は3月38日、上海で行われ、男子はショートプログラム(SP)で1位だった羽生結弦がフリーで逆転されて合計271.08点の2位となった。優勝は合計273.90を出したハビエル・フェルナンデス。男子フリー後の会見では、羽生とフェルナンデスの関係性について質問があった。
ソチオリンピック金メダルから、衝突事故、GPファイナル、そして日本選手権まで。羽生結弦の一年を画像で振り返る。