湯川遥菜

平凡なサラリーマン記者として、後藤健二さんの事件に向き合うということ