yuroken

ECBやドイツ連銀の専門家や民間金融機関のエコノミストらとの金融緩和策の効果と副作用、金融システムの安定性についての議論から受けた印象を紹介する。
ギリシャ政府は7月16日、ユーロ圏各国に提示した財政改革法案を議会で可決して法制化したことを受け、6月29日から休業していた国内銀行の営業を20日から再開すると表明した。
ギリシャ支援をめぐりブリュッセルで25日開催されたユーロ圏財務相会合(ユーログループ)は、双方の溝が埋まらず、協議は再び物別れに終わった。
最終的に歴史を動かすのは、しばしば経済ではなく政治上の理由である。
政治参加、人々の声、公共への関与は、最も重要なものだ。ギリシャで今日もたらされたこの大変動は、明日のヨーロッパで見られるかもしれない。
2016年9月までを想定した1兆ユーロ超の買い入れを打ち出した量的緩和に対するドイツの論調は激越だ。
ギリシャは孤立する可能性が高く、債務不履行に陥ってユーロ圏から離脱し、世界中の経済や政治に影響を与える公算が高い。
この選挙は、長引く経済・社会危機で消耗しているかもしれないギリシャ、そしてこの国の人たちが国の将来を決めなくてはならない瞬間として非常に重要なものである。
イタリアでは、一部の大手企業が中高年以上を対象に、早期退職を促す代わりに、年金不足額を会社が負担するという制度の運用を開始した。若年層の失業率があまりにも高く、社員年齢の偏りが激しくなったことから、技能の継承がままならなくなっており、早期退職の推奨はこれを解消するのが目的だという。