zaimusho

「女性社員は公益目的からセクハラ被害を訴えたものであり、当社としてもその考え、心情には理解できるものと認識している」
18日、麻生太郎財務相に辞任を申し出ていた。
自分が「鈍感」になることで、やり過ごしてきた。そしていま、後悔している。
「卑屈にならなくても等身大の私を応援してくれる人たちが大勢いるので、そういう告白もできる」
日本で最も「優秀」な人が集まっている財務省の一連の対処に関して、その程度の低さはゆゆしき事態である。
テレビ朝日の対応や財務省の調査手法を批判しました。
「身を守るために録音をしたことを責めることは酷です」
テレ朝女性社員はセクハラの事実を報じるべきではないかと上司に相談したが、上司は「報道は難しい」と判断したという。