zaiseiakaji

下の図は、国のGDPに対する借金の比率に応じて描いた世界地図ですが…
ドナルド・トランプ氏が大統領に就任して公約を実行したら、国の借金は史上最悪レベルになるとの調査結果が発表された。
日本にとって安全保障上の最大の脅威は、今や中国や北朝鮮ではなく、1000兆円を超える国の公的債務だ。この膨大な借金は、日本にとって「トロイの木馬」のようなものだ。
2013年度の日本の経常収支は、かろうじて黒字を維持したものの、その金額は約7900億円に縮小した。
いわゆる闇金をテーマとした映画も多い。本作の原作は「週間ビッグコミックスピリッツ」に連載され、それがテレビドラマとなり、2012年に『闇金ウシジマくん』として映画化された。本作はその続編にあたる。舞台は東京(多分、新宿あたり)であろうか。金融界、そして学問の世界にいるものとして、最初に申し上げるが、闇金は犯罪である。さらに主人公ウシジマは「頭めがけて金属バットをフルスイングできる」別世界の人間でもある。
増税には、景気を冷ます効果がある。だから、たいていの経済学の教科書には、バブルに陥る危険があるときに増税をしなさいと書いてある。現在の日本経済は、ようやく景気回復のきざしが見えてきた。このタイミングでの消費税の増税は、経済を失速させるリスクが高い。
経常収支の黒字を維持しつつ、一方、消費増税と、上に述べた歳出削減で債務問題を少しでも緩和するしかない。何度も繰り返すが、安倍政権に求められているのは、これらを可能にする「規制緩和」を含めた具体的な「成長戦略」の立案と、速やかな実行なのである。