zaiseikenzenka

「骨太の方針2017」のポイントは何ですか?
家計の消費と貯蓄に関する理論では、将来の不確実性の高まりに対応して貯蓄を行うことを「予備的動機に基づく貯蓄」として捉える考え方があるが、歴史がこの「予備的動機に基づく貯蓄」を強く支持している。
骨太の方針2015の素案が公表された。素案の23ページに、「改革努力のメルクマールとして、2018年度のPB赤字の対GDP比1%程度を目安とする」という一文が。
従来の基礎的財政収支(以下、プライマリーバランス)の2020年度黒字化という目標に、新たに債務残高対GDP比を加えるというとの見方が浮上している。
官僚機構は無謬であり、失敗という言葉は官僚の辞書にはないので、謝らない(遺憾とはいうが、よほどのことがないと謝罪はしない)。
政府は1月14日に2015年度予算を閣議決定する。報道で聞こえてくるところによれば、歳出の拡大が鮮明だ。
安倍政権は、国と地方を合わせた基礎的な財政収支の赤字を対GDP比で、2010年度と比較して2015年度に半減させ、2020年度には国と地方を合わせた基礎的財政収支を黒字化するという財政健全化目標を堅持することを掲げて総選挙を戦いました。
今回の消費増税先送りを大義とした解散の「万歳」が、財政再建に向けて『お手上げの状態』の意味でないことを願うばかりだ。
政府の借金が増え続けている。財政健全化と消費増税を巡って様々な意見が出ている。
自民党の行政改革推進本部の大きな仕事の中に、中長期の財政見通しをつくることと来年度の予算に向けた無駄撲滅があります。