zen

どこにでもあるような観光空間を再生産するのは時代遅れ。その場所にしかない独自の資源を活かし輝かせ、今に表現していくようなまちの再構築が評価される時代がきたと言えるのかもしれない。
「女性からの予約や問い合わせも意外にも多い」というカプセルホテル「ホテル・ゼン・トーキョー」。その人気の理由を聞いた。
辛い経験をしたからこそ、「笑って許しあう」を意味する禅から生まれたこの言葉にこだわりたい。
世間で禅と言われるものには、大きく二つの意味があります。
「生きるとは何か?」「存在とは何か?」「幸せとは何か?」質問されたとしたら、あなたは何と答えるだろう。
「禅犬」と呼ばれるシーリズ写真の中で、プロ写真家のアレックス・カーンズさんは、安らかで静かに見え、目を閉じた子犬たちを撮影した。犬たちは、恍惚とし、憂いがなく、満足感にあふれているようにみえる。
この間、アメリカ西海岸で暮らす先輩とスカイプしていたら 「えっ!?日本のあれが、シリコンバレーで流行ってるんですか?」と驚いたことがありました。
日本のビジネスリーダーで、スティーブ・ジョブズのように禅をビジネスに反映させている人が何人いるだろう。ジョブズは、どのように禅をビジネスの成功につなげていったのか。「ジョブズと禅」の化学反応。その中身を探ることで、ビジネス思想としての禅の活かし方がみえてくる。筆者自身、数年間にわたって禅の修行(主に曹洞禅)を経験してきた。そこで得たビジネスへのヒントは、次の3つの観点に集約できる。
京セラの創業者でありJALの再建を担った稲盛和夫氏、打撃の神様として崇拝された故・川上哲治氏・・・そしてAppleの創業者であり、伝説となった故・スティーブ・ジョブズ。一見、共通点のなさそうな彼らを繋ぐもの、それは「禅」。
「笑われるかもしれないけど、死ぬのが楽しみになったんです」 蜥蜴柄のワンピを着た白髪の老婆が、銀縁の眼鏡の奥で、じっと女性を見ている。座っているのか立っているのかわからないほど老婆は小さく、さっぱりとした白髪の短髪です。
禅の代名詞と呼べる"坐禅"を日々のルーティンに取り入れている著名人は多く、代表的な人物を上げれば、400戦無敗の男で知られる総合格闘家のヒクソン・グレイシーをはじめ、京セラの創業者でありJALの再建を担った稲盛和夫氏、打撃の神様として崇拝された故・川上哲治氏・・・
大手コーヒーチェーンのスターバックスが、「お茶」業界に進出した。いれたてのお茶を楽しめるティー・バーを、NYにオープンしたのだ。スターバックスはお茶業界に、なぜ進出したのだろうか。
最近のニュージャージー州の家は、みなさんの想像をはるかに超えている。ASPIRE Metroから紹介された、このバーナーズビルの山の家がどんなに豪華であるか想像できるだろうか。それは本当に華やかなのである。
「私も首相として失敗を経験しました」安倍首相は言った。日本の首相として再度登板した安倍首相は、二度と過去の過ちを繰り返すまいと強い意志をもって、まず、はじめに取り組んだのが、低迷する日本経済の立て直しであった。