zetsumetsukigushu

極東ロシアの森に君臨する大型の肉食獣、シベリアトラとアムールヒョウは、長年にわたる森林破壊や密猟の影響を受け、絶滅の危機に追い込まれてきました。
条約の「附属書Ⅰ」に掲載された種は、日本の国内法である「種の保存法」でも「国際希少野生動植物種」に指定され、国内での売買や譲渡が原則禁止となりました。
2016年12月19日、WWFはメコン川流域での生物調査の結果をまとめた報告を発表し、2015年の1年間に163種の新種が発見されたことを明らかにしました。
本当に大きなカメだ。
「動かない鳥」と呼ばれる大きなくちばしのハシビロコウが人気です。
あのWWFもエイプリルフールに参戦。
絶滅が心配なサイにとって、久しぶりの明るいニュース。
ごみのポイ捨てがいかに野生動物に悪影響を与えうるかを、写真は訴えかけてくる。
この冬、絶滅危惧種のシジュウカラガンが、ロシアから宮城県大崎市などにたくさん飛んできています。
地球上で最も長く生きている生き物と考えられる。
世界で4頭しか生き残っていなかった絶滅危惧種キタシロサイのうち1頭が死に、残り3頭となった。
特に絶滅のおそれが高い20種の野生動物を、ネイルアートのモチーフとしてデザインしました。
ヒマラヤから中央アジアにかけて生息する、「幻の動物」ユキヒョウ。10月23日は、そんなユキヒョウを絶滅から守るための「世界ユキヒョウの日」だ。
「カメにとって天気は関係ないからね」と産卵シーズンの 5月〜8月は毎日午前2時に起床し、砂浜へ向かう。
PRESENTED BY AQUA SOCIAL FES!!
ロシアの気象学者たちが空腹なホッキョクグマ5頭に取り囲まれ、バイガチ島にある気象観測所から実質的に身動きが取れなくなった。
赤ちゃんサイのドニーは母親を密猟者に殺された。ひとりぼっちになったドニーは、動く車を親だと勘違いして身体をすり寄せてきた。
かつては日本各地で見られたコウノトリは、約30年前に自然繁殖が絶えた。しかし現在、人工繁殖ではあるものの、その数は少しずつ増えている。
PRESENTED BY AQUA SOCIAL FES!!
かつては、日本中のどの地方の田園地帯の里川で、ごく普通にその姿が見られたヤリタナゴ。しかし、高度経済成長期に環境が激変し、絶滅危惧種となってしまった――。
PRESENTED BY AQUA SOCIAL FES!!
2万年前から今と変わらない姿で生息しているカブトガニ。絶滅の危機に貧しているが、少しずつ息を吹き返そうとしている。
PRESENTED BY AQUA SOCIAL FES!!