zetsumetsukigushu

地球上で最も長く生きている生き物と考えられる。
世界で4頭しか生き残っていなかった絶滅危惧種キタシロサイのうち1頭が死に、残り3頭となった。
特に絶滅のおそれが高い20種の野生動物を、ネイルアートのモチーフとしてデザインしました。
ヒマラヤから中央アジアにかけて生息する、「幻の動物」ユキヒョウ。10月23日は、そんなユキヒョウを絶滅から守るための「世界ユキヒョウの日」だ。
「カメにとって天気は関係ないからね」と産卵シーズンの 5月〜8月は毎日午前2時に起床し、砂浜へ向かう。
PRESENTED BY AQUA SOCIAL FES!!
ロシアの気象学者たちが空腹なホッキョクグマ5頭に取り囲まれ、バイガチ島にある気象観測所から実質的に身動きが取れなくなった。
赤ちゃんサイのドニーは母親を密猟者に殺された。ひとりぼっちになったドニーは、動く車を親だと勘違いして身体をすり寄せてきた。
かつては日本各地で見られたコウノトリは、約30年前に自然繁殖が絶えた。しかし現在、人工繁殖ではあるものの、その数は少しずつ増えている。
PRESENTED BY AQUA SOCIAL FES!!
かつては、日本中のどの地方の田園地帯の里川で、ごく普通にその姿が見られたヤリタナゴ。しかし、高度経済成長期に環境が激変し、絶滅危惧種となってしまった――。
PRESENTED BY AQUA SOCIAL FES!!
2万年前から今と変わらない姿で生息しているカブトガニ。絶滅の危機に貧しているが、少しずつ息を吹き返そうとしている。
PRESENTED BY AQUA SOCIAL FES!!
世界に残り5頭しか残っていなかったキタシロサイの1頭が死亡した。今後この種を残すために、様々な方法が模索されている。
オーストラリアでは、絶滅危惧種の保護を目的として今後5年間で200万匹の野良猫を殺処分する計画だ。一方、ツイッターなどのSNSでは、計画は「残酷だ」と反発する声も多くある。
イギリスBBCのクイズバラエティ番組が、Twitterに投稿した世界一小さい哺乳類の画像が話題だ。
密猟者によって大量に殺戮され、絶滅の危機に瀕しているキタシロサイ。そのキタシロサイのオスが、ついに残り1匹になってしまった。
この再会を言い表す言葉はたったひとつだ。エレファンタスティック!
アラブ首長国連邦のドバイで、カタシロワシの背中に小型カメラを付け、ワシは世界で最も高いビル「ブルジュ・ハリファ」のてっぺんから飛び立った。
2015年2月10日、インドネシアのスマトラ島中部に位置するリアウ州にて、象牙を運搬途中の密猟者8名を、警察が現行犯で逮捕しました。
国の天然記念物であり、「種の保存法」で保護が義務付けられている国内希少種にも指定されているアユモドキは、世界で日本だけに生息する固有の淡水魚です。
絶滅寸前のサイの一種「キタシロサイ」のオスが、アメリカの動物園で死んだ。これで、現在も生存しているキタシロサイは世界で5頭のみになり、絶滅へのカウントダウンが始まっている。