THE_BLOG

貧乏人の子沢山、金持ちの子沢山

少子化社会における「子どもの価値」を再考するかつて「貧乏人の子沢山」という言葉があった。「貧乏」だから「子沢山」なのか、「子沢山」だから「貧乏」なのか、その関係はよくわからない。しかし、近年では子どもの養育費、特に教育コストが高くなり、「平均理想子ども数」と「平均予定子ども数」との間に乖離が生じている。
This post was published on the now-closed HuffPost Contributor platform. Contributors control their own work and posted freely to our site. If you need to flag this entry as abusive, send us an email.

少子化社会における「子どもの価値」を再考する

かつて「貧乏人の子沢山」という言葉があった。

「貧乏」だから「子沢山」なのか、「子沢山」だから「貧乏」なのか、その関係はよくわからない。しかし、近年では子どもの養育費、特に教育コストが高くなり、「平均理想子ども数」と「平均予定子ども数」との間に乖離が生じている(*1)。

誰もが理想とする数の子どもを持てるわけではなく、むしろ、現代の「子沢山」は、「金持ち」の象徴にもみえるのである。

今日、子どもを巡る環境が大きく変化した。かつて、人々は確実に子孫を残すため沢山の子どもをもうけたが、乳幼児の死亡率が高く、成人する子どもは大きく減った。いわゆる「多産多死」の時代だ。

その後、医療技術や衛生状態が大幅に改善され、「多産少死」の時代になり、人口の膨張期を迎えた。そして近年、経済的理由などから子どもの数を抑制する「少産少死」の時代になり、少子・高齢化および人口減少が進展しているのである。

また、昔の子どもはインフォーマルな働き手だった。長男・長女は親に替わって弟や妹の世話をし、親の仕事の手伝いもした。「子沢山」とは家庭内の働き手が多いことでもあり、子どもは家族の暮らしの一部を支えていたのである。

しかし、今日では、産業構造や就業構造の変化に伴い、子どもは消費の主体になり、家庭内の働き手としての役割を失った。「子沢山」は世帯収入の一助ではなく、世帯支出が増すことを意味し、「貧乏人の子沢山」は「金持ちの子沢山」へと変容したのかもしれない。

柏木惠子著「子どもという価値」(中公新書、2001年)には、子どもには「実用的価値」と「精神的価値」があり、国により「子どもの価値」は普遍的ではないと述べられている。

日本では「精神的価値」が重視された結果、子どもは「お金のかかる存在」とさえみなされるようになった。また、子どもは「生まれる」ものから「産む」ものとなり、出産は人間の意志と判断にもとづく行為になったというのだ。

私は、昔のように子どもがインフォーマルな働き手になることが、一概に悪いことだとは思わない。児童労働による搾取・虐待はあってはならないが、子どもが消費の主体としてだけでなく、家事や育児をはじめ親の手伝いをすることなどは、将来、社会に出てゆく上でも非常に重要なことだ。

"はたらく"とは、傍(はた)を楽(らく)にする行為とも言われるが、子どももその重要な主体であるべきだろう。

深刻になる少子化を解消するためには、『子どもを持つという選択が、未来の希望につながる』、今こそ、そんな新たな「子どもの価値」を創造するときだ。

「明日は今日よりよくなる」という"希望"のメッセージを多くの人々に送ることが、いまの政治に課せられた大きな役割ではないだろうか。

*1 「第14回出生動向調査」(国立社会保障・人口問題研究所、2010年)によると、「平均理想子ども数」は2.42人、実際に夫婦が持つつもりの子どもの数「平均予定子ども数」は2.07人で、理由は、「子育てや教育にお金がかかりすぎるから」が、60.4%と最多になっている。

関連レポート

株式会社ニッセイ基礎研究所

社会研究部 主任研究員

(2014年9月16日「研究員の眼」より転載)