THE_BLOG

鍋奉行は必見!あまった鍋の食材でつくる「冬の冷んやりデザート」4選

みなさんはこの冬、何度食卓で鍋を囲みましたか?
This post was published on the now-closed HuffPost Contributor platform. Contributors control their own work and posted freely to our site. If you need to flag this entry as abusive, send us an email.

みなさんはこの冬、何度食卓で鍋を囲みましたか?エバラ食品の調査によると、「ほぼ毎日」「週に2~3日」などの回答をあわせ半分以上の人が「週に1日以上は食べたい」と答えたとか(エバラ食品工業株式会社「イマドキのライフスタイルと鍋トレンド実態調査」より )。

誰もが認める冬の鉄板メニュー「鍋もの」ですが、よくやりがちなミスといえば「入れる具を用意しすぎてあまらせてしまう」こと。残すのはもったいないと無理やり投入しても結局食べきれなかった...なんて記憶にありませんか。

しかし!そんなときこそ慌てないのが真の鍋奉行というもの。今回はあまった鍋の材料でできる絶品デザートレシピをご紹介します。

●とくに今年はお値打ちの大根、あまったらおろして「かき氷」に!

お値打ちだからと1本買ってみたものの、結局使い切れなかった大根。そんなときは大根おろしにしてイチゴや牛乳、ハチミツとあわせて爽やかなかき氷に。凍ったらスプーンでほぐせばいいのでかき氷器は必要なし。温かい部屋でいただく真冬のかき氷もまたオツなものですよ!

▼レシピをチェック!

●切ってしまった大根はこんな方法で「大根プリン」に!

もう皮もむいてカットしてしまった!という大根で真っ白なプリン。見ただけでは何でつくったかわかりませんよね。薄めのいちょう切りにしてから生クリーム、牛乳などで煮て火を通してからミキサーへ。大根のほのかな甘さがクセになるプリンは冬のデザートの定番になりそうです。

▼レシピをチェック!

●買いすぎたお豆腐で、フワフワの台湾デザート「豆花(トウファ)」

湯豆腐や人気の豆乳鍋に欠かせないお豆腐は、あまったら次の日に冷ややっこ、ではもったいない!フワフワ食感で話題の台湾スイーツ「豆花(トウファ)」が簡単につくれるんです。牛乳、ハチミツ、砂糖、そしてふやかしたゼラチンとあわせるだけ。うっとりするほどフワフワのひと品、きな粉と黒蜜をお好きなだけかけて召し上がれ!

▼レシピをチェック!

●たっぷりのニンジンで、風邪ひきさんも喜ぶ「ニンジンとリンゴのゼリー」

やはり切りすぎてしまったニンジンは、リンゴとあわせてつくるオレンジ色のプルプルゼリーに。そもそもニンジンとリンゴは、その味と栄養価から野菜ジュースでも人気のペアリング。リンゴの甘さで砂糖はほんのちょっぴりでOKなので、小さなお子さんにもおすすめ!

▼レシピをチェック!

食材を無駄にしない、これも鍋奉行の心得。それに、デザートといってもどれもヘルシーで体にやさしい仕上がりなので、作って食べて損はなしですよ!

【レシピブログ通信とは?】

16,000名のお料理ブロガーさんが参加するお料理ブログのポータルサイト「レシピブログ」から毎日が楽しくなる食や暮らしのトピックスをお届けします。

【過去の記事】

これは事件!「イチゴのフルーツサンド」に「マヨネーズ」をチョイ足ししたら...

朝活?婚活?今年は「ハム活」!料理初心者向けの「ハムカツ」傑作レシピ

ラクして絶品!今年は「ラーメン」をお弁当に持っていこうよ!

自作ならぜんぶ大吉でもOK!「フォーチュンクッキー」をつくろう!

フレンチトーストも好きなだけ"しみしみ"に。年末年始は「ノースライス食パン」が使える!

▼レシピブログの公式Facebookをフォローする