The Blog

キャラ弁はもう古い?運動会のお弁当、今年は「セルフ弁」が可愛い!

おすすめなのが、食べる人がその場で仕上げるセルフスタイルのお弁当です。アウトドア感覚で楽しめてお子さんとも盛り上がれますよ!
この投稿は、現在は閉鎖されているHuffPost寄稿プラットフォームで公開されたものです。寄稿者が内容を管理し、当サイトに自由に投稿します。このエントリーの内容が不正である場合は、メールでご連絡ください

レシピブログでも毎年秋の声が聞こえてくると人気の検索ワードが、「運動会」。お子さんばかりかお弁当にとってもハレの日の運動会!世のお母さんやお父さんがその献立に頭を悩ませるのは、今も昔も変わらないようです

とはいえ、あまり時間をかけずにさっと用意したいのも本音・・・。そこでおすすめなのが、食べる人がその場で仕上げるセルフスタイルのお弁当です。アウトドア感覚で楽しめてお子さんとも盛り上がれますよ!

●みんなでワイワイ、「セルフサンド弁当」

たっぷりのパンと具をお弁当に詰めるだけ。あとは食べる人が好きなものをはさむだけのセルフサンド、外で食べるお弁当にはぴったりですね!卵サラダやポテトサラダ、さっとマリネした野菜、前の晩の残りの揚げ物なんかもあればベスト。ジャムやマーマレードの小びんも用意していけばデザートサンドも楽しめます!

▼レシピをチェック!

●ハンバーグをセルフではさんで「親子パンダのハンバーガー弁当」

ハンバーガーの中身、あらかじめセットしておくのは野菜とチーズだけ。あとはお子さんがおかずのハンバーグを自分ではさんで、自分だけのハンバーガーの完成です。パンとハンバーグを別々にして入れておくのは、お弁当箱に入るよう厚みが抑えられるというメリットも!

▼レシピをチェック!

●朝ラク♪運動会に「麺弁当」

そうめんや冷や麦をお弁当に持っていく人、意外と多いんです。タッパーなど大きめの入れ物に、くっつかないようにひと口サイズにまとめた麺が並ぶ様子はちょっとしたサプライズ!つけだれは、麺つゆの小びんと、水筒や保冷容器に氷を入れたものを用意していくだけ。紙コップでそれを合わせて、ツルツルといただきます。

▼レシピをチェック!

●うどんでもOK!「冷たい麺のお弁当」

もちろんうどんだってお弁当になるのです。小さな巻すを折りたたんでお弁当箱に敷けば水っぽくならず、見た目のかわいさもプラスできますね。おかずに天ぷらを詰めて持っていけば、セルフ冷やし天ぷらうどんのできあがり!

▼レシピをチェック!

青空の下、運動着姿で食べるお弁当はやっぱり格別です。アイデア次第でいろいろ楽しめる「セルフ弁」が、今年は運動会の思い出づくりに一役買ってくれそうですよ!

【レシピブログ通信とは?】

15,000名のお料理ブロガーさんが参加するお料理ブログのポータルサイト「レシピブログ」から毎日が楽しくなる食や暮らしのトピックスをお届けします。

【過去の記事】

野菜不足の20~40代を救う? 進化系サラダ「ジャーサラダ」の実力

大人気調味料「塩レモン」は"塩対応"がちょうどいい。

アナタの勝負料理は?外国人に食べさせたい「おもてなし家庭料理」ベスト5

油を変えれば人生変わる!?ビューティー賢者がハマる「ココナッツオイル」って?

週末に仕込む"俺の醤油"。話題の「にんにく醤油」を完璧マスター!

▼レシピブログの公式Facebookをフォローする