BLOG
2015年06月18日 21時28分 JST | 更新 2016年06月17日 18時12分 JST

川崎フロンターレがJリーグ初、日本のスタジアムIT化と先行する海外事情

6月7日、Jリーグ初の「ITスタジアム」が誕生しました。川崎フロンターレとNTTブロードバンドプラットフォームが、等々力陸上競技場で来場者向けに無料Wi-Fiサービス「FRONTALE FREE Wi-Fi」の提供を開始しました。

スタジアムでキャリアのWi-Fiが利用できることはこれまでもありましたが、今回は試合を主催するクラブがサービスを提供し、観客が自由に無料Wi-Fi利用できるものです。これはJリーグでは初めてのことです(プロ野球では数球団で行われています)。

★無料Wi-Fiサービス「FRONTALE FREE Wi-Fi」6/7キックオフ

しかし、海外ではさらに進んだケースが見られます。レピュコムが調査したところ、スタジアムのネーミングライツを使って、通信会社が自社のモバイル接続を確保しようとしているようです。

2015-06-17-1434562990-1427365-IT1.jpg

2012/13シーズンからアメリカの主要なリーグでは、通信会社によるネーミングライツの投資額は68%(27.6億円)以上増加しています。また、欧州サッカーではその成長率がさらに大きく、同じ期間で266%(20億円)の増加が見られます。

2015-06-17-1434563043-9559528-IT2.jpg

合計するとスタジアムのネーミングライツで103%(47.6億円)の収益増加を、通信会社からの投資で生み出しています。

そして、海外ではWi-Fi接続だけでなく、それを利用したアプリの提供も行われています。特別なサービスやスタジアム内での飲食や物販など、アプリを使ったサービスが行われています。

今後、日本でもスタジアムのIT化は急速に進むと考えられます。

★レピュコムHP

★データで見るスポーツマーケティング