LIFE

ALS父親が娘の誕生日に贈るプレゼントの中身とは!?

現代のテクノロジーのおかげで、世界に一つの贈り物が出来ました!
この投稿は、現在は閉鎖されているHuffPost寄稿プラットフォームで公開されたものです。寄稿者が内容を管理し、当サイトに自由に投稿します。このエントリーの内容が不正である場合は、メールでご連絡ください

​​​​​​​

先日、娘の誕生日でした。

何か特別なプレゼントをあげられないか思案していると、ある人の言葉を思い出しました。ある人とは、ALSに罹患した母親のもとで育った女性で、「母が誕生日に手紙をくれた。今でも大切に持ってる」と仰っていました。

確かに口文字だけでは、伝えることが難しい思いもあるので、改めて手紙を書くことにしました。しかし、私は自分の字を書くことが出来ないので、文字だと私らしさがいまいち残せません。

そこで、講演で使っている音声合成ソフトで、手紙を私の声にそっくりな合成音の音声データに変換して、CDに焼いてラッピングしました。それが冒頭の写真です。私にしか作れない、ボイスレターです!いいでしょ(笑)

ちなみに二枚あるのは、自分の分が無いと絶対すねる弟くんの分も作ったからです(笑)

ある人はこうも仰いました。「母は声を残せなかったので、私は母の声がわからない。恩田さんには、残せた声を大切にして欲しい」

現代のテクノロジーのおかげで、世界に一つの贈り物が出来ました!

『これから先もずっと大好き!」

と自分の声で伝えました。

株式会社まんまる笑店

代表取締役社長

恩田聖敬

onda0510@icloud.com(直通)

オフィシャルサイト

Facebook

Twiter

ブログ

恩田聖敬が社長を務める

株式会社まんまる笑店ホームページ