BLOG
2017年12月19日 10時27分 JST | 更新 2017年12月19日 10時27分 JST

これ一足でカジュアルダウン&ドレスアップ。“使える”レザーシューズのススメ。

一足で幅広いコーディネートにハマるものを手に入れましょう。

AOL

「カジュアルダウン、ドレスアップの両方に適した革靴ってどのようなものがありますか?」(29歳/東京都)

「カジュアルだったらローファー、フォーマルだったらストレートチップ」というように、どちらか一方に寄せるのは容易。でも、カジュアルすぎず硬すぎない、中庸をとってくれる一足となると意外と見つからないんですよね。結局どちらかを妥協するとなるとコスパも悪く、両方とも中途半端になってしまうことも。

そんな事態を招かないためにも、一足で幅広いコーディネートにハマるものを手に入れましょう。ということで今回は、そんなお題にもバッチリハマるレザーシューズが集まりました。

カジュアルかつスタイリッシュ

AOL

SANDERS - プレイボーイチャッカーブーツ

まずは、英国の名門ブランド『SANDERS』が手がけるチャッカブーツから。素材のほとんどに天然素材を使用。アッパーとソールはセメンテッド製により装着しているため、耐久性・耐水性に優れた作りとなっています。マッドガードのソールはカジュアルな印象も感じますが、丸みがないスタイリッシュなフォルムのお陰で野暮ったさはゼロ。高級感の中に肩肘張らない余裕も感じられる、大人のための一足です。

そのひとクセが生む安定感

AOL

delightful tool - プレーントウダービー

先月公開の座談会でも名前が挙がった『delightful tool 』のプレーントゥシューズ。オーセンティックな外見ながら、インサイドストレート形状と呼ばれる、足の内側が直線になった構造が他とは一線を画します。その変わったフォルムは自然な歩行をサポートする効果もあり、クッション製の高いビブラム社製のガムライトソールを採用して履き心地も快適。長年付き合えるベーシックとして申し分ない汎用性を誇ります。

ミニマルに履ける高級志向

AOL

Arrow Footwear by White & Co. - アローフットウェア プレーントゥ

第二次世界大戦時の軍用ブーツを元に制作された上質なプレーントゥです。数多くのソールやレザーのサンプルの中からEight Hundred Shipsがオーダーをかけた別注モデルで、ポストマンシューズのような丸みある佇まいが印象的。ミニマルながらも高級感が漂い、グッドイヤーウェルト製法を用いた伝統的な作りも信頼できますね。

かのファッションアイコンも愛用した名作

AOL

TRICKER'S - MUD GUARD SUEDE CHUKKA BOOT

ファッションアイコンとしても名高いスティーブ・マックイーンが愛用した『TRICKER'S』のチャッカブーツ。ソールをラバーで巻きこむことで耐久性と耐水性を高め、スッキリとしたソール周りを実現しています。幅を広くもたせたシルエットに加え、程よい高さのミッドカットもカジュアルな印象。流行り廃りがなく、デニムともスラックスとも合わせられる汎用性の高さは王道ブランドならではです。

英国王御用達のエレガンス

AOL

TRICKERS - VELVET SLIPPER

老舗ブランド『TRICKERS』が手がけるこちらのスリッポンは、ブランドが「英国王室御用達」の称号を得るきっかけとなった一足。そんな逸話からも伺えるように、ベルベットの鈍い光沢と品格漂う佇まいはまさに一級品です。スリッポンならではの着脱のしやすさも備え、ソールにはラバーを貼り付けて滑りにくい設計に。シンプルな佇まいなので装いを邪魔することもなく、足元をお手軽に格上げすることができそうです。

最後に

カジュアルダウンとドレスアップどちらでも使い勝手の良い一足を探すなら、履き心地からデザインまで抜かりなくこだわるのが良さそうです。こだわる部分が多すぎると迷ってしまうこともあるので、そんな時はショップスタッフに聞いてみるのも一つの手。

FACYは「今欲しい」アイテムについての抽象的なニーズを投稿すると、全国のショップスタッフからアイテムの提案を受けることができるサービスです。編集部ではそのユーザーとショップスタッフとのやり取りのもとに、消費者が「今欲しい」リアルなコンテンツとしてアイテムを紹介しております。