BLOG
2015年04月13日 15時49分 JST | 更新 2015年06月01日 18時12分 JST

「美人ですね」と言われる側の気持ち、言う側の気持ち

「美人ですね」とスマートに言える人はモテるだろうし、軽やかに返せる人もモテるのでしょうが、なかなか難しいですよね。

こんにちは、Six Apart ブログいちるです。

「美人ですね」とスマートに言える人はモテるだろうし、軽やかに返せる人もモテるのでしょうが、なかなか難しいですよね。

言う側、言われる側、双方に言い分があると思います。

これについて、つぶやき以上ブログ未満なスマートフォン向け投稿サイト「ShortNote」で、さまざまな意見が出て盛り上がっていたので、整理してみました。

派閥に分けると、こんな感じですかね。

1 美人と言われるのが苦手だよ派

2「美人」と言われても喜ぶとは限らないよ派

  2A 誰に言われたかによるよ派

  2B 「美人」の後に続く言葉によるよ派

3 喜んで素直に受け取るよ派

4 アドバイス派閥

  4A こう褒めたらいいよ派

  4B こう返したらいいよ派

5 言った側には裏の意図があるんだよ派

6 ガンガン言おうぜ派

以下、詳細です(太字は筆者)。

1 美人と言われるのが苦手だよ派

とにかく疑り深い性格ゆえ、褒められると警戒する。仕事で褒められると「今後コントロールしやすくしたいんでしょう・・・」と思うし、若く見られると「気を遣わせちゃって悪いね」と思うし、かわいいねって言われても「このかわいいはふなっしーに言うそれとニアリーイコール」と思う。(元ノート

受ける側のお気持ちを考えるに、美人とかイケメンとか言われても、その人にはその人にしかないコンプレックスがあるもんだと思います。あとは、受け取れって言ってもね、受け取ったことをひがむ人も周りにはいる場合もありますし、逆にコンプレックスを刺激されてしまう部分もあると思います。(元ノート

2「美人」と言われても喜ぶとは限らないよ派

彼は周りからかっこいいとかイケメンとか言われても薄く笑うだけで、ちっとも喜んでいなかった。

「顔じゃねえだろ」と言っていた。

<中略>

美人と言われて素直に喜ぶことは美しいかもしれないし、その反応を受けて言った方も何かが満足なのかもしれないけど、相手がそうしなかったことをとやかく言うのは傲慢かなという気もするし、キャバクラのお姉さんではないから仕事でもないのだし、相手に求めすぎだなあと感じた。(元ノート

「美人」も「ほめる」も言葉はポジティブだけど、要するに「他者からの評価」なわけで。

どう思おうが、それを伝えようが自由だけど、受け取る方も自由。

そこに受容とか共感(「ありがとう」だけじゃなくて「いえいえ、美人なんかじゃないですよ」も含む)とか求めるならば、プロの人のところか、分かる人同士(この場合は同性同士)でやってくれよ! って思います。(元ノート

2A 誰に言われたかによるよ派

褒めた瞬間・直後にどうとかより、褒めた人と褒められた人の人間関係がどのように積み重ねられているか、の話なのかと思ったりする。

例えば、知らない人に褒められてもリアクションに困るのは積み重ねがないからだと思う。

なので、「褒める」「褒められた」事に対してをそれを最大限に活かすための事前の人間関係の構築をって話・・・(元ノート

親しい人

少し仲いい人

そうでもない人

ふつうの人

好きではない人

嫌いな人

どうでもいい人

どのあたりから「はぁ...」になるだろうかね。(元ノート

気分はいい!けど、やっぱり好きでもない人に言われても嬉しくないもの。

元ノート

やっぱり、「総合的にどうか」ってことだよね。

声音とか、普段からの関係性とか。

たとえば自分が「センスないな」って思ってるひとに「今日の服、いいね!!」って言われたらちょっと落ち込むし、反対に「いつもシャレてるな」って思ってるひとだったら舞い上がっちゃうし。

「きれいだね」って下卑た笑いで湿った言い方されれば不愉快だし、同じことばでも笑顔でさらりと言われたら気持ちよかったり。(元ノート

2B「美人」の後に続く言葉によるよ派

「美人ですね」は、私にとっては言われて嬉しい、気持ちの良いそよ風のような言葉だけれど、その後に「なのに何で独りなのかね~」と続けられると、「そんなのこっちが聞きたいわ!!」と反応したくなってしまうのです。(元ノート

「なんで独りなのかねえ」

と言われる人はいるだろう。(元ノート

「とてもキレイですね!こんなキレイな腸は見たことがありませんよ!ほら!あなたも見てごらんなさい!」

褒められたのは『自分の腸内』で、褒めてくれたのは検査してくれたプロ(医師)。

褒められれば褒められるほどに、複雑な心境になったのは言うまでもありません...。(元ノート

3 喜んで素直に受け取るよ派

恋愛関係なら当然として、そうでない場合も表現して伝えるのはお互いにいいことだと思っております。お互いに、だから女性から男性へもね。

素直に褒めるし、素直に受け止めるし、ついでに「どこがどのように良いか」を伝えられるとさらに嬉しいかな。(元ノート

ちなみにわたしは『美人ですね』って言われたら嬉しいです!

褒められて伸びます!えへ!(元ノート

キレイだとかかわいいとか言われると恐縮しちゃう女性は多いけれど、そうなんだと認めて自信持って傲慢になっていいと思います。

でもそれは表に出さないのがいいオンナなのです。(元ノート

裏があったって恥をかいたって、言った人の方がむしろ(真偽関係なく)自らの嗜好を表明しているという時点でリスクがある(?)事なんだし、舞い上がる必要もなくただただ「なるほど」と素直に受け止めればよい、という向きもあるのではないかと思うのは私が周囲に比較的恵まれてきているせいなんでしょうか。(元ノート

そういえば彼、この前家に来たときに

「君ってホントにかわいいよね。なんでそんなにかわいいの」

と(酔っ払った勢いで)言ってもらえたの、嬉しかったなぁ。(元ノート

4A アドバイス派閥:こう褒めたらいいよ派

ちなみに私は美人を褒める時、具体的に褒めてます。

「指きれいだからネイル似合うよねー」とか、「今日着てる服、色がいい!普通にしててもきれいなのに、すっごい肌きれいに見える!」とか。(元ノート

ほめ初心者の男性陣に置かれましては、顔とかスタイルとか直接的なところを褒めるのもいいけど、持ち物とか着こなしとかを褒める方がハードルが低い(褒める方も受ける方も)のかなと思いました。

「見た目」よりも「センス」を褒められた方が、内面込みなので嬉しいというか・・・(元ノート

おだてて担ぐようなことも苦手なので、じっくりとお話しをさせて頂きます。5分、10分とお話しをしますと、その方の長所が分かって来ます。確証した時点で、その点を褒めるようにしています。(元ノート

...男性諸氏、無理に褒めなくていいです。

ただ、褒めるなら部分とか仕草とか見てくれると個人的には嬉しいです。(元ノート

男性は、美人ですねと褒めて、そんなことはない、と謙遜されたら

「そんなことないなんて言ってはダメだよ。本当に美人じゃない人に失礼だよ」と言えばいいと思います。

私の夫は私にいつもそう言う。(元ノート

「美人ですね」は言われると違和感を覚えます。美人ではないと思っていますから。

それと、美人って漠然としててなんだかよくわからない。定義がないじゃないですか。雰囲気美人みたいなのもあるし。よく見たらそんなに美人じゃなかったってことの方が多かったりして。

「お綺麗ですね」の方が嬉しいですよ。

メークテクニック磨いて良かったと思えます。アラフォーの私が、二十代に見えちゃってるなんて面白すぎる。(元ノート

直接本人に言う場合、「キレイですね」が多い気がします。(元ノート

私たち日本人女性には愛情表現がなさ過ぎても寂しいし、あり過ぎてもなんか照れくさいもの。

私としては、感謝の気持ちを伝えるというのも愛情表現のひとつだと思うのです。

お茶を淹れてくれたら、ありがとう。

朝起こしてくれたら、ありがとう。

話を聞いてくれたら、ありがとう。

褒められるのと同じくらい嬉しいものです。(元ノート

相手が異性の場合、変に下心があると思われても面倒なので、自分がオカマになったつもりで、「今日の髪型、か〜わ〜い〜い〜」みたいな言い方をする(元ノート

4B アドバイス派閥:こう返したらいいよ派

褒められたときはとりあえず

「しゃ~ないなぁ。なにがほしいんや。」

もしくは

「なんにもで~へんでぇ~~」

と返します。(元ノート

相手とその場の雰囲気に合わせて変わるわけですが、

1)マジですかーありがとですー

2)照れてスルー

3)ですよね!ありがとです!なのに何で私、結婚出来ないんですかね!!??とズバァァンと切り返し

一番やるのが、3)(元ノート

5 言った側には裏の意図があるんだよ派

自分は、褒めるというのは、自分が好きか嫌いかを伝えることだと思っていて、逆に引かれたりもしますが、そう思っています。(元ノート

6 ガンガンいこうぜ派

女性は美の対象だから、どんどん褒めてあげないと。

女性のいいところを見つけるのも男の仕事、それを褒めるのも男の仕事、そして女性を喜ばせるのも男の仕事。

<中略>

まあ、日本では文化が違うので、褒めることをしないし褒められることも少ないから、過度な褒め言葉もひいてしまうのかもしれません。

日本人女性には適度に、さりげない褒め言葉が似合うのかもしれません。(元ノート

ワタシからは見えないコンプレックスがあったりするのだろうけど、ワタシには素敵に見えました!という宣言だと思って、今は受け取ってもらえなくてもまた、素敵だと感じたら伝えよう。と思うようにしています。(元ノート

女の子を褒めるのは至上の愉しみです。

みんなの前でも褒めるし、二人きりでも、相手様の家族の前でも褒めます。

びっくりした、とか照れた反応が見たいわけでもなくて、慣れてきれ当たり前のようにはいはいって言ってくれるくらいが好きです。(元ノート


いかがでしたでしょうか?

みなさまも、本件について何か思うところがあれば、ハッシュタグ「 #美人ですね問題 」をつけて、ShortNote にご投稿ください。または、「 #美人ですね問題 」がついたハッシュタグがついた記事を直接読んでみてください。もちろん無料です。

ナンパ術としてではなく、場を明るく楽しくするために「美人ですね」ということを伝えられるといいし、それを明るく楽しく受け止められるといいですね。

全ては円滑で深みのあるコミュニケーションのために。