THE_BLOG

海外スタッフと英語でやりとりする人のための、実践的な学習法【何から手を付ける?】

今回は、自分が今まで苦労した経験から、仕事で英語を使うことになったとき、まず最初にするべきこと、実際に仕事で英語を使っていて感じたことについて、簡単にご紹介します。
This post was published on the now-closed HuffPost Contributor platform. Contributors control their own work and posted freely to our site. If you need to flag this entry as abusive, send us an email.

こんにちは!シックス・アパートにっくです。

突然ですが、みなさんは仕事で英語を使ったことがありますか? または、今後使う予定がありますか?

自分が関わっているMovable Typeはもともとアメリカで生まれたソフトウェアなので、海外にもユーザーがたくさんいます。サービスの性質上、海外のユーザー、スタッフと英語を使ったやりとりも多く、自分もたくさんのユーザー、スタッフと英語でやりとりをしてきました。

自分は英語のエキスパートではなく、英語力もそれほど大したことはないのですが、ひいひい言いながら、なんとか仕事で英語を使ってきました。

今回は、自分が今まで苦労した経験から、

  • 仕事で英語を使うことになったとき、まず最初にするべきこと
  • 実際に仕事で英語を使っていて感じたこと

について、簡単にご紹介します。

英会話学校に通う前にするべきこと

英語にかぎらず、語学には主に4つのスキルが必要と言われています。

  • リーディング (Reading、読解)
  • ヒアリング (Hearing、聞き取り)
  • ライティング (Writing、記述)
  • スピーキング (Speaking、口述)

英語で仕事をすることになった人は、まず真っ先に英会話教室に行く傾向が高いようです。しかし僕は

「とにかく、リーディングの練習をすること。その後にヒアリング」

が大事だと感じました。英会話の練習は、本当に最後の最後でもかまわないと思います。その理由は以下のとおりです。

海外のスタッフとのやりとりはメールかオンライン通話

日本にいて海外の人と仕事をする場合、コミュニケーションの手段は大きくわけて

  • メール
  • Skypeなどのオンラインビデオ通話、国際電話

のいずれかになります。言葉を変えると「文章」か、「音声」か、の違いです。

このうち、圧倒的に多いのが、時差を気にせずに情報のやりとりができる「メール」です。

海外のユーザーからのクレームやサポート依頼。あるいは同僚からの資料のシェア、現地の状況報告など、海外スタッフやユーザーとのやりとりは、メールがほとんどを占めます。

英語で仕事をしているときは、これら大量の英語メールを、いかに早く正確に理解するか、がとても重要でした。コミュニケーションの第一歩は、「相手が言いたいことを理解する」ことから始まります。ですので、まず最初は、「相手の言っていることを理解する能力 = リーディング」が一番大事だと感じました。日本語でもそうですが、相手の言いたいこと、主張を理解しないと、それに対する返答やリアクションはできません。

次に、相手の言葉を聞きとる「ヒアリング」。

実際にネイティブスピーカーと会議をしてみると、とにかく生英語のスピードの早さに驚きます。こちらもメールと同様、まず最初に相手が何を言いたいかを理解しないと、そもそも会話が成立しません。このため、ヒアリングの能力がとても重要になります。

ところが、いざヒアリングを鍛えようとしても、そもそも知らない単語や熟語を使われると、「その部分がすっぽり聞き取れない」、ということが良く起こります。自分のボキャブラリーにない単語や熟語は、言葉で話されても、まったく聞き取れないのです。

こういった「抜け」を埋めるためには、普段から言葉としての「単語」、「熟語」を蓄積する勉強 = ボキャブラリービルディング、が大事です。ボキャブラリーを増やすためには、実際にその単語を読んで記憶すること = リーディングによる記憶、が鍵をにぎります。リーディングで英語の文章に触れ、同時に単語や熟語を頭のなかに記憶して、その記憶をもとに相手の話していることを理解する、という流れです。

このため、実際に仕事で英語を使うことになった人には

「まず最初に、大量の英語を読むこと」

そして

「ボキャブラリーを増やして、聞き取れるようにすること」

をおすすめします。

これら2つの勉強は、英会話学校に通わなくても、自分一人で、空いている時間をつかってできる勉強です。まずは、「読む」、次に「聞く」能力を鍛えること。英会話の勉強は、その後でもじゅうぶん間に合います。

実際に仕事で英語を使ってみて感じたこと

実際に仕事で英語を使ってみて、どんなことを感じたか。僕は

  • 最初は英語が通じること自体が嬉しかった
  • しかし、そんな時期はすぐに過ぎて、コミュニケーションのむずかしさを思い知る
  • 英語が使えることと、コミュニケーションを取ることは別物

という感想を持ちました。

最初のうちは自分の英語が伝わるという事実が、単純に嬉しかったです。しかし、そんな嬉しさはすぐに無くなり、コミュニケーションの大変さを感じました。

仕事で使う以上、大事なのは

  • 自分の意図を相手に伝えて理解してもらう
  • ときにはこちらが望んでいることを相手に理解してもらう、協力してもらう

ということです。自分の意見を伝え、相手の同意をえる。ときにはこんこんと理屈を説明して、相手を説き伏す必要もあります。そんな仕事上のコミュニケーションの大変さは、日本語だろうが英語だろうが変わりません。母国語でコミュニケーションを行うことができないと、そもそも英語でのコミュニケーションはできないものです。最後は根本的なコミュニケーション能力を問われます。

ですので、これから英語を本格的に勉強する方、英語を使って仕事をしようと思っている方は、英語だけでなく、日本語の運用能力、コミュニケーション能力を同時に意識することを強くおすすめします。

逆に言うと、自分の意図を伝え、相手に理解してもらえれば、多少英語がブロークンでも構わないわけで、細かい文法や単語を気にする必要はありません。臆することなくコミュニケーションを取っていくことによって、英語の運用能力はどんどんアップします。

(2014年8月26日「Six apart ブログ」より転載)