THE_BLOG

ラフティング、カヌー、パラグライダー・・・etc 今の時代、アウトドアスポーツは、"道具いらず"で楽しめる!

長かった冬がようやく終わりを告げ、桜の季節がやってきました。春です。 スキーやスノーボードなど、ウィンタースポーツを楽しんでいた方も多かったと思いますが、これからがアウトドアスポーツの最盛期。
This post was published on the now-closed HuffPost Contributor platform. Contributors control their own work and posted freely to our site. If you need to flag this entry as abusive, send us an email.

アウトドアスポーツを、"手ぶら"で、しかも"おトク"に体験できる?

長かった冬がようやく終わりを告げ、桜の季節がやってきました。春です。 スキーやスノーボードなど、ウィンタースポーツを楽しんでいた方も多かったと思いますが、これからがアウトドアスポーツの最盛期。

ただ、「道具がないと出来ない」、「やるキッカケがない」と考える方もいるのではないでしょうか。

実は今、アウトドアスポーツは"手ぶら"で楽しめるようになっています。今回はそんなアウトドアスポーツを簡単に予約できるポータルサイト「シェルパ」を運営する浅川さんにアウトドアスポーツの魅力、そして日本の自然の素晴らしさについてうかがっています。

「アウトドア=まず道具が必要」、という概念を壊したかった。

- まず、サイトを見たのですが、「面白そうなツアーがいっぱいある」という印象を受けました。このシェルパのサービスを簡単に解説していただいてもよろしいですか?

浅川 はい。このシェルパというサービスは、日本各地で楽しめるアウトドアツアーをWEB上で予約できるモノです。コンセプトは、「だれでも気軽に手ぶらで遊びにいけるということ」。専門的な道具は一切必要なく、ツアーの価格の中に道具代も含まれているので非常にシンプルです。

まぁ、「アウトドアスポーツをしてみたい、遊びたい」という人向けのポータルサイトのようなモノですね。ちなみに、写真や動画でその様子を紹介していたりもします。

- たとえば、ラフティングだったり、カヌーが楽しめる感じですか?

浅川 大きくわけると、「空」、「川」、「海」、「山」の4つのジャンルがあります。川だったら、ラフティングやカヌー。海だと、沖縄に生息しているマングローブの中をシーカヤックで巡ったりもできます。

- マングローブをシーカヤックで!すごく素敵ですね。

マングローブは、国で規制されている植物なので人間が歩くことが出来ないんです。ですから、中に入って楽しむにはシーカヤックで行くしかないんです。尾瀬などの湿原と同じで、人間が歩くと自然が壊れてしまうんですね。

- 空の場合はスカイダイビングとかですか?

浅川 まだそこは契約できていないです(笑)。例えば、バンジージャンプとかパラグライダーですね。山の場合は、キャニオニングという、ウェットスーツ一つで滝から飛び降りたり、ロープをつかって大きな滝をくだったりする遊びが楽しめます。

「やってみたい⇒道具がない⇒できない」・・・そこで機会損失するのはもったいない!

- ちなみに、なぜこのサービスをつくろうと思ったんですか?

浅川 人を元気にするサービスがつくりたいなと思ったんです。僕、趣味でサーフィンやっていたんですが、昔の会社の同僚や男友達に、「サーフィンやった事ある?」と聞くと、ほぼ100%の確率で、「やった事ないけど、一生に一度はやってみたい」という声が返ってくるんです。

- 自分が聞かれたとしても、同じ回答をしていると思います。

浅川 「なんで行かないの?」と聞くと、「道具がない」、「キッカケがない」という答えが返ってくるんですよ。そこで、場所と道具を準備してあげると、みんな喜んで来るんです。サーフィンは難しいのでボードに立てる人はほとんどいませんが、それでも「楽しい!またやりたい」と言いますね。

アウトドアのスポーツって、はじめのキッカケだったり導入の部分のハードルは高いと思います。ただ、やってしまえば、リピーターになる人は多い。このギャップを埋めるものをつくれたら、多くの人が元気になれる、ハッピーになれるんじゃないかなと。

- たしかに、日本人は余暇の使い方が上手くないですよね・・・それに、モノから入りますよね?

浅川 日本人って遊びベタだと思うんですよね、ちょっと(笑)。休みの日にしっかり遊んだ方が、次の日からの仕事も頑張れると思いますし。思いっきり遊ぶことは、決して罪ではないです。

あと、日本は簡単に遊べるツールや場所が溢れ過ぎて、選べないのかもしれないですね。

日本の自然は、海外の人から見れば、"世界最高"。

浅川 ちなみに、ウチでは、今、アメリカ人のエンジニアが2人働いているんですけど、彼らは日本の自然の素晴らしさに惹かれて、ウチで働いているんです。

- 今、海外に行かない人が増えてなかなか比較できていませんが、海外の方から見ると日本の自然はやはり美しいのですか?

ピーター はい、日本の自然は本当に美しいです。ボク、奥多摩(東京都西部を中心とし、埼玉県南西部、山梨県東部、神奈川県北西部に位置する、広大な自然が広がるエリア)がすごい好きなんです。僕の中の完璧な自然というイメージで。

ボクの出身地はペンシルベニア州なんですけど、そこの森は奥多摩と比べると全然、物足りないです。奥多摩は、松の木がキレイに、そしてどこか規則的に並んでいて、すごくキレイです。それに、川の色もすごく青くて美しい。まるで、そのまま飲めるように見えます。

- アメリカにはそういう場所は少ないんですか?

ピーター 西海岸(ロサンゼルスなど)には美しい自然もありますが、東海岸の場合は川が茶色に濁っているところが多いですね。もちろんキレイな自然もありますけど、日本の山の方が断然美しいです。でも、日本人はそこに気づいていない。身近なモノほど価値が見えないんじゃないかなと思います。

- やはり、"他の国"を知らないから、日本の自然の素晴らしさに気づけないのかもしれないですね。

浅川 日本の自然って、世界中で賞賛されているんですよ、実は。

観光で訪れた外国人の中に、日本の自然に感銘を受けて、「日本でアウトドアツアーをやろう!」といって起業した人もいるくらいなんです。あとはワーキングホリデーや留学で海外生活を経験した日本人も、やはり「海外よりも、日本の自然の方が素晴らしい」と声を揃えますね。

とにかく、日本の植生(陸地に生息している林や森など)に感動するらしいんです。ニュージーランドやオーストラリア、アメリカの自然はワイルドだけど、よく見ると日本より木々は美しくない。日本の自然は逆にスケールが小さいですが、繊細で美しい、趣があると言われています。

- 自然が素晴らしいということは、つまりアウトドアを楽しむ上でも最適なんでしょうか?

浅川 まさにそうで、日本はアウトドア天国なんです。日本中のどの地域からでも、飛行機で2時間以内で沖縄、北海道という世界屈指のアウトドアスポットにも行けますしね。

シェルパ株式会社

アウトドアツアーの予約ポータルサイト「シェルパ」を運営。「はじめてでも・手ぶらで・気軽に楽しめる」をキーワードに、道具はレンタルでき、プロのガイドが案内してくれるツアーを予約できる。またシェルパ特典として、料金割引や近くの温泉入浴券が付いてきたりと、ちょっぴりおトクに遊べるメリットも。 シェルパを運営。

【関連リンク】

Yosemite National Park
Benefits Of Outdoor Exercise