THE_BLOG

息子が自閉症と気づくまで ママの葛藤(2)―『息子は自閉症。ママのイラスト日記』

もたろが「広汎性発達障害」かもしれない。その思いは強くなっていきました。意を決して、通っていた"ことばの発達教室"のT先生に打ち明けました。「私、わが子が広汎性発達障害じゃないかと思っています。こういう場合、どの医療機関に診てもらえばいいですか...」
この投稿は、現在は閉鎖されているHuffPost寄稿プラットフォームで公開されたものです。寄稿者が内容を管理し、当サイトに自由に投稿します。このエントリーの内容が不正である場合は、メールでご連絡ください

こもたろ3歳直前

こもたろが「広汎性発達障害」かもしれない。その思いは強くなっていきました。意を決して、

通っていた"ことばの発達教室"のT先生に打ち明けました。

「私、わが子が広汎性発達障害じゃないかと思っています。こういう場合、どの医療機関に診てもらえばいいですか...」

「市の方で月に1回、専門の先生が来て診てもらえる『ことばの発達相談』っていうのがあるからまずそこで診てもらってはどう?」

T先生の提案に、すぐ予約を入れました。

専門の先生に診てもらうことに

そして、ことばの発達相談の日。

こもたろが遊ぶ様子をみていただき、親への問診をしました。

先生「広汎性発達障害の疑いが強いですね。ここではハッキリ診断が出せないから、大きい病院に紹介状書きますね。」

難問の答えがやっと出たような...。変な話、ホッとしました。

先生「お母さん・・・大丈夫?」

そうかもしれないって思っては泣いて、泣いて泣いて...。人間こんなに泣けるんだってくらい、泣きました。

でも、今日のこの日を迎えたら泣くのはやめようって決めて来ました。

診察が終わって外に出ると、それまで忘れていた、眩しい太陽と清々しい風に感動したのを覚えています。

これから長い道のりだけれど、頑張ろう。この子と一緒に、乗り越えていこう。

そんなことがあって今の私がいるのでした。

~続く。

マンガ版もあります!「moroの家族と、ハンドメイドと。」 最新話はすくすくパラダイスぷらすへGO!