BLOG
2015年10月27日 09時23分 JST | 更新 2016年10月25日 14時12分 JST

【ペルー】思わず涙する大自然。日本では味わえない「青」の絶景

よく旅番組で、大自然を前に涙するレポーターの方がいますが、「そんなに感動するの?」なんて思ったことはありませんか?

日々見慣れた景色ばかりに囲まれて過ごしていると、涙を流すほど感動する景色に出会うことは少ないと思います。

よく旅番組で、大自然を前に涙するレポーターの方がいますが、「そんなに感動するの?」なんて思ったことはありませんか?

筆者もそう感じることがありましたが、ある場所を訪れたとき不思議と涙が溢れてしまったのです。今回はそんな絶景の旅へとご案内します。

さぁ、トンネルの向こうにある感動の景色を見に行きましょう!

息をのむほど美しい、標高5000m級の絶景

絶景に出会えるのは、ペルー第二の都市「アレキパ」から「コルカ渓谷」へ向かう道のり。そう、「コルカ渓谷」とは、あの歌でお馴染みのコンドルがいる場所です。

5時間程車を走らせると、標高4910m地点に。

普段から登山をするわけではない筆者は、高山病にならないかヒヤヒヤ・・・。ですが、標高が高くなればなるほど、そんなことを忘れさせてくれるほどの絶景が待っているのです。

こんなに空を近くに感じたことも、

こんなに雲が美しいと感じたことも、

こんなに生きていることを実感し、心が震えたこともありません。

写真ではとても伝えきれませんが・・・

ただただ、地球に生まれきたことを感謝し、全てのことに「ありがとう」と伝えたくなる想いが全身を包み込む感覚。

自然と涙が溢れ出る景色が、この世には存在するのだと学んだ日。そして、また必ずこの場所を訪れようと強く思いました。

可愛い動物や現地の人にも癒やされる

道中では、日本でも大人気のアルパカに出会うことができますよ。

アルパカが道を通れば、車は止まります(笑)しばし癒しの風景です。

こちらは「ビクーニャ」。ご存知ない方も多いかもしれませんが、アルパカより一回り小さなラクダ科の動物です。細くて柔らかな毛は、最高級品。コートになると数百万という値がつくことも!

伝統技術で仕上げられた可愛い刺繍の衣装を身にまとう地元の方が、お土産を売っていたりもします。雄大な景色に高揚して、笛を買ってしまいました(笑)。それも旅の醍醐味。

どうやって行くの?

まずは、ペルーの首都リマから、世界遺産の白い街「アレキパ歴史地区」へ向かいます。飛行機に乗れば、1時間半とあっという間!

近郊の山で採れた火山岩から作られる白壁。

アレキパから「コルカ渓谷」までは車で4〜5時間程で到着します。「コルカ渓谷ツアー」というものがあるので、ツアーで行く場合は事前に旅行会社に確認してみてくださいね。

ペルーの絶景への旅、いかがでしたか?

生きていれば大変なことも嫌になることもありますが、そんな日々の悩みやストレスを一瞬で忘れさせてくれる絶景がペルーにはあります。

「ペルーは遠いから・・・。」なんて言わず、是非この感動をご自身で体感してくださいね。

[Photos by Maaya]

TABIZINEについて

TABIZINE(タビジン)は旅と自由をテーマにしたライフスタイル系メディアです。

旅の情報や世界中の小ネタを通して、日常に旅心をもてるようなライフスタイルを提案します。

【TABIZINE人気記事】

【鬼怒川】あさやホテルの「空中庭園露天風呂」でゆったり至福のひととき

まるで夢の国!「大人女子」をうならせるリゾートホテルの過ごし方

まるで日本のヴェネツィア!情緒溢れる水の都「伊根の舟屋」

【HUGLOG】【福岡】あのタモリさんもお取り寄せしてる!?地元で有名な絶品うな重

タコベルだけじゃない!LA発の注目レストラン&ショップ8選