BLOG
2015年10月10日 22時38分 JST | 更新 2015年10月11日 14時40分 JST

手を切断した子どもたちのために、ディズニー映画のキャラクターを模した義手が作られる(動画)

Walt Disney Companyが、美術チームをOpen Bionics社に無償で派遣し、またMarvelとFrozenとStar Warsの無料ライセンスが提供された。

バイオニックハンズ(bionic hands, 生体工学で作る手)のOpen Bionicsが、手術で手を切断した子どもたちのために、Iron Man的やElsa的な手と腕を作っている。〔アイアンマンとアナ雪のエルサ。〕

Open Bionicsは、義手のデザインがMarvel(コミック)やFrozen(「アナ雪」)、Star Warsのデザインなら子どもたちが喜ぶ、と期待している。

“子どもたちは退屈な理学療法が嫌いだけど、ヒーローになるための訓練なら楽しいだろう”、とOpen BionicsのWebサイトの声明文は述べている。“単なる医療器具ではなくて、彼らの大好きなキャラクターを模したバイオニックハンズを子どもたちはもらうのだ”。

Walt Disney Companyが美術チームを同社に無償で派遣し、またMarvelとFrozenとStar Warsの無料ライセンスが、このプロジェクトのためにOpen Bionicに提供された。

“子どもたちは理学療法を受けるのではなくて、ジェダイのトレーニングを経験する。すばらしいと思うね”、とDisneyの人が本誌TechCrunchに語った。

このスタートアップは、Techstarsが今展開しているDisney Acceleratorプログラムから生まれた。本誌TechCrunchはチームにインタビューできたので、下のビデオをご覧いただきたい。