BLOG
2017年12月12日 12時05分 JST | 更新 2017年12月12日 12時05分 JST

Googleマップが、電車やバスを降りる時を知らせてくれるようになる

初めて行く場所では(あるいは眠いときに)間違いなく便利だ。

Googleは近々、Googleマップに小さいながらも役に立つ新機能を追加しそうだ。移動中にリアルタイムの対話型通知を行う。

これは、移動中にリアルタイムで最新情報を通知しようというもので、

情報はGoogleマップに表示されるほか、おそらくこちらの方が重要だろうが、Androidのロック画面でも見られる。

まず、いつもどおりGoogleマップで行き先を検索する。ここまでは変わらない。新しいのは、経路の詳細が書かれた画面下端の「スタート」ボタンをタップしたあと、歩いたりバスや電車で移動している間、リアルタイムで情報が更新されることだ。

われわれが理解したところによると、Googleマップはバスや電車が目的地に近づくと、そろそろ降りるようにと利用者を促すらしい。これは、初めて行く場所では(あるいは眠いときに)間違いなく便利だ。

ロック画面の通知も新しい。対話型になっているので、スクロールして経路をたどることができるのも気が利いている。

現在Googleはテスト用コミュニティー以外でもテストを始めているので、公開は近いと思われる。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook

(2017年12月11日TechCrunch日本版より転載)