BLOG
2015年03月21日 16時54分 JST | 更新 2015年03月21日 16時54分 JST

名古屋で桜が開花 全国トップで観測された鹿児島に次ぐ2地点目

21日(土)午後2時過ぎ、鹿児島に続いて、名古屋地方気象台からも桜(ソメイヨシノ)の開花の発表があった。

21日(土)午後2時過ぎ、鹿児島に続いて、名古屋地方気象台からも桜(ソメイヨシノ)の開花の発表があった。平年より5日早く、昨年より3日早い観測となった。

石榑亜紀子予報士撮影

21日(土)、名古屋地方気象台は、桜(ソメイヨシノ)の標本木において、花が5輪咲いているのを確認し、開花を発表した。平年より5日早く、昨年より3日早い観測。鹿児島に次いで、全国で今年2地点目の開花の発表となった。

このところ気温が高めの状態が続いており、21日(土)も午後2時までの名古屋の最高気温は19度4分。桜の開花がすすむような春の陽気となった。

「サクラの開花日」とは、標本木で5~6輪以上の花が開いた状態となった最初の日のこと。昨年(2014年)、全国の気象官署で最初に開花したのは高知(3月18日)だった。

(2015年3月21日 14時55分)

【関連リンク】

日直主任

臨機応変に日直予報士記事をアップします!

「日直予報士」は、日本気象協会所属の気象予報士が交代で全国の天気を解説します。

日々の天気、季節の話題など皆さんの生活に密着した気象情報もお届けしています★