BLOG
2018年06月18日 10時11分 JST | 更新 2018年06月18日 11時55分 JST

大阪で震度6弱、関西では引き続き地震に警戒を

関西は活断層が密集している地域であり、周辺の活断層の活動に対しても十分に注意する必要があります。

18日午前7時58分頃、大阪府北部の深さ約10kmを震源とするM(マグニチュード)5.9の地震が発生し、大阪市北区、高槻市、枚方市、茨木市、箕面市で震度6弱の強い揺れが観測されました。今後もしばらく地震が続くことが予想されますので、引き続き警戒が必要です。また、関西は活断層が密集している地域であり、周辺の活断層の活動に対しても十分に注意する必要があります。

大阪で震度6弱

18日午前7時58分頃、大阪府北部の深さ約10kmを震源とするM(マグニチュード)5.9の地震が発生し、大阪市北区、高槻市、枚方市、茨木市、箕面市で震度6弱の強い揺れが観測されました。

大阪府北部には、兵庫県南部から大阪府北部を通って京都府南部へと延びる有馬ー高槻断層帯などの活断層があり、そういった活断層の活動によって地震が起こった可能性があります。

引き続き地震に警戒

今回の地震は内陸の浅いところで起こった地震であるため、今後も比較的多い数の地震が続いて起こることが想定されます。すでに強い揺れで建物などが傷んでいることも想定され、新たな地震で被害が拡大する恐れもあります。しばらくは引き続いて起こる地震に対して十分に警戒する必要があります。

関西は活断層の密集地帯

大阪府を含め、関西は活断層が非常に密集した地域です。大阪府内には、大阪の市街地を南北に貫く上町(うえまち)断層帯と呼ばれる活断層があり、全国の主要な活断層の中でも地震の発生する確率が高いと評価されています。もし上町断層帯で地震が発生した場合にはM7.5程度の大地震となり、大きな被害をもたらすことが懸念されています。

今回の地震が、関西の周辺の活断層の活動にも影響を及ぼすことも考えられますので、十分に注意をしてください。

関連リンク

地震情報

津波情報

世界天気のみかた

空港の天気

2018年06月18日09:55

日本気象協会 九州支社気象予報士/防災士

松井 渉

九州の天気や防災の話題をわかりやすくお伝えします。