BLOG
2015年02月03日 22時38分 JST | 更新 2015年02月03日 22時39分 JST

都心の積雪は先週以上になる恐れ 2月5日、関東で広く雪(堀江万喜)

5日(木)は近畿から東北南部も広く雨や雪で、名古屋で雪がうっすらする可能性も。東京都心も雪で、降り方は先週30日と同じくらいか、それを上回る恐れも。

4日(水)は九州は朝から、中国・四国は夕方以降に雨。5日(木)は近畿から東北南部も広く雨や雪で、名古屋で雪がうっすらする可能性も。東京都心も雪で、降り方は先週30日と同じくらいか、それを上回る恐れも。交通機関への影響が考えられますので、今後の情報にも十分に注意なさってください。

2月5日(木)9時の予想天気図

■4日(水)は西から天気崩れる 九州や中国、四国で雨

4日(水)は対馬付近と奄美付近で低気圧が発生し、

5日(木)にかけて日本海と本州南岸を東へ進む見込みです。

4日は西から次第に雨が降りだすでしょう。

九州は朝から、中国地方は夕方から、四国は夜に雨が降りだし、雪になる所もありそうです。

一方、近畿から北海道にかけては太平洋側ほど晴れる見込みです。

広く天気が崩れるのは5日になってからでしょう。

気温は平年並みの所が多く、この時期らしい寒さですが、

4日の日差しを有効にお使いください。

■5日は関東で広く雪 都心で先週以上の積雪の可能性も

5日(木)になると近畿から東北南部にかけても天気が崩れるでしょう。

いまの所の予想では、

関東地方も南部の早い所では、明け方から弱い雪が降りだしそうです。

日中はみぞれや雨に変わる所も多くなる見込みですが、

夜は再び雪に変わって、6日未明まで続くでしょう。

(気温が予想より下がるなど状況次第では、

雨に変わるタイミングが遅れたり、雪のまま経過することもあります)

平野部でも雪の積もる可能性があり、

降り方は先週30日と同じくらいか、それを上回る恐れもあります。

場合によっては交通機関に大きく影響しますので、ご注意ください。

地上から上空1000メートル付近までの気温が前回よりも低いため、

広い範囲で雪が融けずに地上までおりてきそうです。

名古屋市付近でも朝はうっすらと雪の積もる可能性があります。

降りだしのタイミングなど、今後も予想が変わることがありますので、

最新の予報をこまめにチェックするようになさってください。

日直予報士では引き続き、最新の情報をお伝えしていきます。

(2015年2月3日 23時1分)

【関連リンク】

2015-02-04-20150204tenki_horie_small.jpg

堀江 万喜

気象予報士 防災士

出身地の東海地方では「中京テレビ」や「NHK名古屋放送局」で気象キャスターを務めました。その他、各局ラジオの気象コーナーも担当し、経験を積んできました。2014年4月からは関東に移り、新しい土地の空気や空を感じながら毎日enjoy♪しています。のんびり歩いたり、車窓から景色を眺めることが大好きです。お天気を通して、皆さんの生活がより楽しくなるようお手伝いしていきたいと思います♡