BLOG
2018年05月02日 14時54分 JST | 更新 2018年05月02日 14時54分 JST

週間天気 嵐のあと寒気流入 晴れても急な雷雨

GW後半 天気上がったり下がったり

3日(憲法記念日)は低気圧や前線が日本付近を通過。荒れた天気となる所も。嵐の後は日本付近に寒気が流れ込みます。日本海側は雲が多く、太平洋側も急な雨や雷雨がありそうです。

あすの天気

tenki.jp

前線を伴った低気圧が朝に関東の南岸を東へ進む見込みです。日本海北部の前線を伴った低気圧は動きが遅くなるでしょう。

近畿から北海道にかけて広く雨が降り、朝方は近畿や東海、関東甲信で、局地的に雷を伴って激しく降る見込みです。全国的に沿岸部を中心に風が強まるでしょう。

沖縄は雨が降りやすく、明け方まで雷が鳴る所がありそうです。九州は朝まで雨が降る所があるでしょう。昼間は晴れる見込みです。四国も朝方は所々で雨が降るでしょう。日中は日が差す時間帯がありそうです。中国地方は鳥取や島根で雲が広がりやすいでしょう。夕方以降は寒気が入り、雨や雷雨の所がありそうです。近畿は明け方まで雨が降り、雷が鳴る所があるでしょう。昼間も雲が多いでしょう。北陸は昼頃まで広く雨が降る見込みです。東海は午前中を中心に雨が降り、朝方は雷を伴って激しく降る所があるでしょう。今夜からあすにかけて予想される1時間雨量は静岡の多い所で50ミリ。関東甲信も昼頃まで雨が降り、局地的に雷が鳴り雨脚が強まることがあるでしょう。東北も昼過ぎにかけて雨が降る見込みです。北海道は雨の一日でしょう。午前中は道南で雷が鳴り、激しく降る所がありそうです。

最高気温は、ほぼ平年並みの所が多いでしょう。暖気が入る東海や関東甲信は6月並みの所が多く、湿度が高めとなりそうです。

あさって以降の週間天気

4日(みどりの日)は、本州付近に寒気が流れ込みます。北海道や東北は日本海側を中心に雨。北陸も雨が降りやすいでしょう。関東甲信や東海は日差しが届きますが、午後は大気の状態が不安定。急な雨や雷雨がありそうです。近畿から九州、沖縄は大陸から移動してくる高気圧に覆われて、晴れ間が広がる見込みです。最高気温は全国的に平年並みかやや低いでしょう。

5日(日)から6日(日)にかけては高気圧が日本の南を東へ移動します。

5日(こどもの日)は、沖縄や九州から関東にかけて大体晴れる見込みです。北陸や東北から北海道は寒気の影響が残り、雲が多いでしょう。最高気温は平年よりやや高くなる所がありそうです。

6日(日)は、大陸から東シナ海に前線が延び、九州は雨が降りだすでしょう。西から天気は下り坂へ向かいまが、高気圧に覆われる近畿から北海道は大体晴れる見込みです。最高気温は平年より高くなり、関東や東北では7月並みとなる所も。

7日(月)以降は、全国的に雲が広がり、前線がかかる沖縄や九州から関東は雨が降るでしょう。全国的にこの時期らしい気温になりそうです。

(2018年5月2日tenki.jp「週間 嵐のあと寒気流入 晴れても急な雷雨」より転載)

tenki.jp

日本気象協会

本社気象予報士 防災士 熱中症予防指導員

白石 圭子

気象情報をわかりやすく伝えられるよう、奮闘しています。

【関連リンク】