BLOG
2018年07月05日 15時07分 JST | 更新 2018年07月05日 15時07分 JST

大雨情報 週末にかけて多い所では総雨量1000mm超に 歴史的大雨に警戒

梅雨前線が本州付近に停滞しています。

ウェザーニュース

台風7号から変わった低気圧が北海道付近を通過し、梅雨前線が本州付近に停滞しています。南から非常に湿った空気がどんどんと流れ込んで雨雲が発達。強い雨が長時間続き、大規模な大雨災害につながる恐れがあります。

すでに各地で激しい雨

ウェザーニュース
5日(木)10時までの24時間降水量

今日5日(木)になって西日本から中部エリアの広い範囲で雨が強まり、1時間雨量は山口県下松で観測史上1位となる86.0mm、京都府京北で58.5mmを観測。24時間の雨量では高知県馬路村の魚梁瀬で307.0mm、岐阜県本巣市の樽見で241.0mmを観測しました。

多い所では総雨量1000mm超に

ウェザーニュース
5日(木)10時までの24時間降水量

梅雨前線の活発な状況は少なくとも8日(日)頃にかけて続く見込みです。岐阜県を中心とする東海から近畿、四国などでさらに500mm以上の雨が予想され、総雨量は山沿いの多い所で1000mmに達する恐れがあります。

住宅に襲来したり、河川をせき止めたりするような、大規模で多発的な土砂災害や、河川の氾濫による浸水被害が発生する恐れがあります。今後の大雨情報や、自治体が発表する避難情報に留意し、厳重に警戒をしてください。

動画解説


※24時間生放送の天気予報専門番組「ウェザーニュースLiVE」より

2018/07/05 12:45

【関連記事】