BLOG
2018年09月07日 16時59分 JST | 更新 2018年09月07日 16時59分 JST

北海道は、9月10日(月)にかけて強い雨の恐れ 冷え込みにも注意が必要

雨による災害にも警戒してください。

今日7日(金)は、午後になり、胆振地方を中心とする各地で雨が降り出してきました。1時間の最大雨量は強い所で5~10mmほどで、最も揺れが大きかった胆振地方東部は数mm程度の所がほとんどです。

週明けにかけ雨による災害に警戒

ウェザーニュース

ただ、明日8日(金)から10日(月)にかけては前線の影響で断続的に雨が降りそうです。

胆振地方東部では総雨量が最大で50mmを超える見込みで、地震の揺れで崩れたり、不安定になっている斜面で新たな災害の起こる恐れがあります。

また、日高地方や渡島地方では局地的に100mmに達する可能性もあるため、警戒が必要です。

朝晩の冷え込みにも注意

ウェザーニュース

来週半ば以降は高気圧に覆われ、晴れる日が多くなります。晴れる分だけ放射冷却現象が強まるため、朝晩は冷え込みそうです。特に避難中の方は体調の管理にご注意ください。

>>現在地付近の天気と気温を確認

(2018年9月7日ウェザーニュース「北海道 10日(月)にかけ強い雨の恐れ 来週は冷え込みにも注意」より転載)