BLOG
2018年09月17日 10時54分 JST | 更新 2018年09月17日 10時54分 JST

知ってる?祝日と祭日の違い

「あ、そういえば違いって知らないな...」と思った人も多いはず

タイトルを見て「あ、そういえば違いって知らないな...」と思った方も多いのではないでしょうか?

今や祭日はなくなり、祝日のみになっていることからも、違いを気にかける機会はほとんどありません...。そこで今回は、祝日と祭日の違いご紹介します。

祝日は法律で定められた休日

ウェザーニュース

祝日とは、建国や独立など、その国の大きな出来事や記念日を国が制定した日です。

1948年に施行された「国民の祝日に関する法律」で定められており、(山の日が加わった2016年からは)年間16日あります。

そんな祝日には以下の3種類があります。

【国民の祝日】

国が定めた、仕事や学校をお休みする日

【振替休日】

日曜や他の祝日に被った時に、代わりの休みになる日

【国民の休日】

祝日ではないけど休みの日

前後が祝日である平日が休みになる

祭日はかつて宗教儀礼を行っていた日

ウェザーニュース

祭日とは、皇室の祭典や神社のお祭りなど、宗教儀礼を行う日のことです。

もともと皇室祭祀令という皇室の祭祀(宮中祭祀)に関する法令があり、ここで祭日は定められていました。しかし、1947年に廃止。

そのため、現在では祭日はなくなっています。ただ、名前を変えて、今の祝日に受け継がれているものもあります。

【今の祝日に受け継がれた祭日】

・紀元節(きげんせつ) 建国記念の日

・春季皇霊祭(しゅんきこうれいさい) 春分の日

・天皇誕生日 昭和の日

・秋季皇霊祭(しゅうきこうれいさい) 秋分の日

・明治節(めいじせつ) 文化の日

・新嘗祭(にいなめさい) 勤労感謝の日

【受け継がれず廃止になった祭日】

・元始祭(げんしさい):1月3日

・新年宴会:1月5日

・神武天皇祭:4月3日

・神嘗祭(かんなめさい):10月17日

・大正天皇祭:12月25日

いかがでしたか?

祝日と祭日の違いって一度は疑問に思ったことがあるけど、しっかり調べたことはなかったな...という方も多いのではないでしょうか?

この記事を読んで「へぇーそうだったのか!」と新たな発見があった方は、ぜひ周りの方にも教えてあげてください。

(2018年9月17日ウェザーニュース「知ってる?祝日と祭日の違い」より転載)