BLOG
2018年07月23日 14時38分 JST | 更新 2018年07月23日 14時38分 JST

国内最高気温、5年ぶりに記録更新 埼玉・熊谷で

今日は気温の上昇ペースが早く、午前中の早い段階から各地で35℃を上回りました。

2018/07/23 14:25 ウェザーニュース

今日23日(月)、埼玉県熊谷市で41.1℃まで気温が上昇。日本歴代最高を5年ぶりに更新しました。

昨日の熱気が朝から残っていたこともあって、今日は気温の上昇ペースが早く、午前中の早い段階から各地で35℃を上回りました。

熊谷では13時前に40℃を突破、その後も気温の上昇は止まらずに、14時16分、41.1℃を観測して、2013年8月12日に記録した高知県江川崎の41.0℃を上回る日本歴代最高気温となりました。

これまでの日本最高気温

2013年8月12日 高知県四万十市

過去に長期間、日本歴代最高気温として記録に残っていたのが1933年7月25日に観測した山形の40.8℃。その後、1974年から運用が始まったアメダスにより観測地点が増えましたが、1994年に静岡県天竜や和歌山県かつらぎで40.6℃、2004年に甲府で40.4℃など40℃は突破しても山形の記録はなかなか更新されませんでした。

2007年8月16日、群馬県熊谷と岐阜県の多治見で40.9℃を観測。74年ぶりに日本歴代最高気温を上回りました。しかし、わずか6年後の2013年、これまで一度も40℃を記録したことがなかった高知県江川崎で8月10日に40.7℃、11日に40.4℃と連続の40℃超を記録。そして8月12日に41.0℃まで上昇して、日本最高気温を更新しています。

今年は7月18日に岐阜県多治見と美濃で5年ぶりとなる40℃台を記録していました。

その後も暑さが続いて、昨日22日(日)は岐阜県八幡で39.8℃、名古屋で39.5℃まで上昇。

そして、ついに今日23日に、日本歴代最高気温の更新となりました。

(2018年7月23日「ウェザーニュース」より転載)

【関連記事】