BLOG
2018年07月27日 17時32分 JST | 更新 2018年07月27日 17時32分 JST

台風12号、関東・東海は夕方以降大荒れに 早め早めの対策を(7月28日の天気)

西日本は明るいうちに台風対策を

■ 天気のポイント ■

・関東、東海は夕方以降大荒れに

・西日本は明るいうちに台風対策を

・北海道は晴れて内陸部で暑さ継続

関東、東海は夕方以降大荒れに

関東、東海は段々と台風の影響が出てきます。台風に先行して流れ込む雨雲が通過し、午前中から雨の強く降ることがありそうです。沿岸の早い所では昼過ぎから雨、風が強まります。

夕方から夜にかけては広いエリアで風雨が強くなるため、対策は午前中に済ませ、台風の接近時は外出を控えたほうが良さそうです。

西日本は明るいうちに台風対策を

台風の直接の影響はないものの、近畿や四国では雨が降りやすく、傘の出番になります。29日(日)は台風が接近、通過していくため、対策や避難などは28日(土)の明るいうちに済ませてください。

北海道は晴れて内陸部で暑さ継続

北海道は太平洋側をのぞいて日差しの届く所が多くなります。内陸部は気温が上がって30℃を超える暑さです。東北は雲が広がりやすく、南部では雨が降ったり止んだりで傘が欠かせません。

>>詳しい各地の天気・気温

ピンポイント天気予報

2018/07/27 16:38

関連記事

台風12号 接近時も最大風速40m/sを維持か

猛暑で海水温高く 台風12号は上陸直前まで勢力維持

台風12号、西へ進む異例の逆走 高気圧と寒冷渦で複雑化

台風12号が豪雨被害エリアを直撃 新たな被害に厳重警戒

強い台風12号 週末に紀伊半島から西日本直撃へ 豪雨被害エリアも影響大