WORLD

アメリカのスーパースター、シモーン・バイルスは「私たちは単にアスリートであるわけではなく人間。時には出場しないという決断をする必要がある」と述べた。スポーツ選手たちがメンタルヘルスの重要性を語り始めています
アルゼンチンのフェンシング女子選手が7月26日、東京オリンピックで試合後のインタビュー中、長年のパートナーであるコーチから突然のプロポーズを受けた。
「功績に対して、適切な報奨金を支払う必要がある」と米国オリパラ委員会CEOは語っています。
演技に黒人差別への抗議の意思を込めた振り付けを取り入れた。「私たちは皆同じです。そして私たちは皆美しく、素晴らしいのです」と語ったという。
「何だって達成できるということを示すことができた」。念願の金メダルを手にしたデーリー選手、喜びを語りました。
中国メディア「日本側が混合ダブルスを大会実施競技に積極的に推薦した時点で、今回の日中対決のシナリオは書きあがっていたのかもしれない」
「日本らしい風景が紹介できて嬉しい」。ある場所を選手たちが通った写真に注目が集まっています。
東京オリンピックは「世界」にルーツを持つ日本代表が多数出場しているが、日本にルーツを持つ海外選手も実は多く存在する。その顔ぶれの一部を紹介しよう。
大きな話題になった、ドイツ女子体操選手のユニタード。脚を覆うユニフォームで選手たちが伝えたかったことは
銅メダルを獲得したダニエル・カルグニン選手。その胸に入っていた“漢字二文字”のタトゥーに、「胸熱」「気になって仕方がない」などの声が上がりました。
ビキニを拒否し、罰金を科されたノルウェーのビーチハンドボールチーム。歌手やレジェンドアスリートたちも、罰金とルールに抗議しています
「鳥が顔に飛んできた!鳥が顔に飛んできた!」少女の首に、鳥がすっぽりとはまりました。
1972年のミュンヘンオリンピックで、イスラエル選手団の11人が殺害された事件。オリンピック開会式で黙とうが捧げられるのは今大会が初めてです