BLOG
2018年09月26日 10時51分 JST | 更新 2018年09月26日 10時52分 JST

予め知っておきたい「がんになると降りかかってくる4つの負担」とは?

「自分もしくは自分の家族が、がんになったら?」と考えておくことは大切です。

この記事は2018年6月20日サライ.jp掲載記事「予め知っておきたい「がんになると降りかかってくる4つの負担」とは?」より転載したものを元に加筆・修正したものです。

文/中村康宏

がんは日本人の死因トップで、3人に1人はがんで死にます。つまり、あなたの家族のうち1人は、がんで亡くなる可能性があるということです。

現実がそうである以上、「自分もしくは自分の家族が、がんになったら?」と考えておくことは大切です。病気の発見は突然やってきますが、自分や家族がそれぞれにどう生きていかなければならないか、と向き合うのには時間がかかるものだからです。

万が一のとき「想定していなかった......」と動揺しないために、これからお話する「がん患者に起こりうる"4つの負担"」について、予めぜひ知っておいてください。

そのとき、あなたはどう生き、どう支えたいと思いますか?

がん患者に降りかかる「4つの負担」

がんになると、心理的・身体的なダメージのみならず、経済的・社会的な影響も同時に伴うものです。これらを順に解説していきましょう。

(1)心理的負担

がんと告げられるのは衝撃的なことで、心に大きなストレスをもたらします。病名を耳にした後の数日間は、「まさか自分が、がんになるはずがない」「何かの間違いに決まっている」などと、認めたくない気持ちが強くなる人がほとんどです(※1)。

さらに、心理的ダメージは病気の経過中ずっとつきまとう問題です。がん体験者の悩みや負担に関する包括的調査によると「何も手につかない・何もできない」「こわい」「心残り」「情けない」「もどかしい」など、心の悩みと向き合わなければならなくなります(※2)。

(2)身体的負担

がんの身体的症状は、[1]がんそのものが起こす症状、[2]がんに随伴する症状、[3]がんの治療によって起こる症状、の3種類があります。

[1]がんそのものが起こす症状・・・がんや転移・浸潤(しつじゅん)が存在するそれぞれの臓器の症状が生じます。例えば、食道がんで食道が細くなってしまうと、食べたものが胃に移動できなくなり、何を食べても吐いてしまう、という症状が起きます。

その他、肺がんであれば、がんにより肺の組織や血管が傷つけられ、血を吐いてしまうことがあります。

また、がんによって臓器の機能が破綻し、それによって新たな障害・病気が生じることがあります。例えば、膵がんができると、膵臓でインスリンを作る働きが悪くなり、結果として糖尿病を発症することがあります(※3)。

[2]がんに随伴する症状・・・がんは正常細胞より増殖スピードが早いので、代謝のスピードが早まります。そうすると食事を今まで通りに取っていても急に体重が減ることがあります。

その他、がんまたは転移巣から離れた場所で起こる症状として「腫瘍随伴症候群」というものが存在します。腫瘍随伴症候群はがん患者全体の8%に生じるとされていて、原因不明の発熱、原因不明の神経症状(意識障害、麻痺、しびれ、脱力)、原因不明の筋痛・関節痛・浮腫などが生じます(※4)。

[3]がんの治療によって起こる症状ある部分に起こる症状・・・がんの治療(抗がん剤・放射線治療・免疫治療など)は、がん細胞以外の正常な細胞も破壊されるため、全身に様々な症状がおきます。例えば、吐き気、だるさ、口内炎、脱毛、食欲低下、下痢、手足のしびれなどの症状の他に、肝臓・腎臓・骨髄への影響など症状を伴わない臓器障害などさまざまです。

最悪の場合、抗がん剤投与によるアレルギー反応や心筋障害による心不全、免疫力低下による感染症などで命を落とすこともあります(※5)。

(3)経済的負担

入院や外来治療、交通費、など治療に直接関わる出費に加え、健康食品・代替療法や民間保険料などの間接費用を合計すると、半数以上の患者さんが一年あたり100万円以上自己負担しています(※2)。その他、先進医療を取り入れる場合は全額自己負担となる治療費を考えないといけません。

一方、がんの症状や治療により今まで通り仕事ができなくなると、収入が減ることが考えられます。

(4)社会的な負担

がんは長期療養になる可能性もあり、今までどおりの仕事を続けることは難しくなり、場合によっては退職せざるを得ない状況になることもあります。

さらに、人間関係にまつわる問題が生じます。例えば、がんについて相談できる人がいない、同じ病気の人との交流や情報交換が出来ないといった問題を抱えている人が3割近くいます(※2)。

また、医療提供者との人間関係も問題になります。例えば、セカンドオピニオンを受けたいと主治医に言うと主治医との関係がうまくいかなくなる、主治医と話を聞く時間が短い、代替医療について相談できる人がいない、などで負担を感じることも多いのです。

*  *  *

以上、今回はがんになった時に降りかかってくる4つの負担について説明しました。

想定していなかった......となっても、時間は待ってくれません。限られた時間と条件の中で選択肢を選んで行く必要があるのです。

だからこそ、起こることを事前に想定し、あなたの生き方や価値観、健康観を深く考えてみたり、家族と「もしがんになったら」を話し合ってみるなど、できるところから準備を始めてみましょう。

【参考文献】

※1.もしも、がんと言われたら. 国立がん研究センター

※2.厚生労働省

※3.糖尿病 2012: 55; 477-82

※4.Eur Arch Otorhinolaryngol 2006; 263: 32-6

※5.J Am Coll Cardiol 2012; 60: 2384-90