BLOG
2016年07月07日 18時48分 JST | 更新 2017年07月06日 18時12分 JST

心の時代はななめの関係

現代社会は心の時代と言われていますが、そんな時代だからこそ「ななめの関係」でお互いに満たし合うことが大切です。

心の時代はななめの関係

現代社会は心の時代と言われていますが、そんな時代だからこそ

「ななめの関係」でお互いに満たし合うことが大切です。

現代の子育てや教育の現場、職場などでは、

縦と横の人間関係しかないような場面も多く見受けられます。

たとえば、

親と子ども、先生と生徒、上司と部下という縦の関係、

同級生同士だったり、同僚との横の関係。

私たちの生活の中では、こういった縦横の人間関係が

大半を占めることも多いですが、

その人を劇的に変えるような出来事は、縦横の人間関係を外れた意外な人からの

「ななめの関係」から生まれてくることも多いのです。

ある企業で、社長の一声で真夏の暑い日に

社外の清掃活動をやることになりました。

何日かして、新入社員の男性が、その社長に食ってかかりました。

「社長!こんな暑い中で毎日清掃活動なんて、

会社の評判は上がるかもしれませんけど、

僕たち従業員のやる気は下がるばかりですよ!」

その新入社員が、2週間後、ニコニコしながら缶コーヒーを1本持ってきて

社長に言いました。

「社長、みてくださいよ!この缶コーヒー、会社の前の家のおばあちゃんが

『いつも掃除をがんばってくれてありがとう』って言って僕にくれたんですよ!」

それから数年後、その新入社員は会社の外でも環境保全活動のリーダーとして

地域で活躍しているそうです。

縦横の関係ではないおばあちゃんの一言だからこそ、

人を劇的に変える力があったんですね。

「ななめの関係」を大切にして、お互いに満たしあって暖かい声を掛け合いながら

心の時代を生きて行きたいですね。

(2016年05月27日「ボトルボイス」より転載)