BLOG
2015年03月17日 01時38分 JST | 更新 2015年05月15日 18時12分 JST

アップルウォッチが本当に必要なのは高齢者だ

管理された健康的な生活には、こうしたスマートウォッチは大きな役割を果たすだろう。ではこうしたスマートウォッチを一番必要とするのは誰だろう。

先日のアップルのティム・クック社長のプレゼンで発表された通り、アップルウォッチが遂に発売になる。

アップルウォッチ発売

Appleが誇るスマートウォッチ。

発売日は4月24日。日本でも満を持して登場だ。

でもこれ、誰が使うのだろうか?

iPhoneの時も、iPadの時も、消費者の「本当に必要なの?」「どう使うの?」という疑念を吹き飛ばして、大ヒットを飛ばしてきたアップル。

今回のスマートウォッチでも、そうなるのだろうか。

スマートウォッチはアップル以外にも発売されているが、普及しているとは言えない状況だ。

「会議中にスマホを見てメールチェックを見るのは申し訳ないが、時計ならば自然にメールチェックができる。」

Apple Watchは、こんな小さな裏の欲求を満たすための商品ではないはずだ。

プレゼンを見ると、やはり体調管理という健康面での使い方が画期的だ。

時計をずっとつけていることで、日々の体調が確認できる。

このヘルス&フィットネス機能は、マンソンなどスポーツの記録などに使えるのは勿論、スポーツをしない人でも、大いに役立つだろう。

心拍数、カロリー計算、一日の中で歩いた量、立った量などが全て把握される。

運動が足りなければ、もっと歩くようにアドバイスされる。

管理された健康的な生活には、こうしたスマートウォッチは大きな役割を果たすだろう。

ではこうしたスマートウォッチを一番必要とするのは誰だろう。

それは高齢者ではないだろうか。

いつも身につけて、健康管理に役立つ。

こうした機能をもっとも重宝するのが、高齢者であることは間違いない。

健康に対する意識が高くて、フルマラソンを走るような若者でなければ、当然若者は健康に対する意識が相対的に低い。

一方、日々の運動量や歩数、カロリー計算が気になるのは、中年以上であり、高齢者だ。

カロリー計算、運動量、心拍数、生活スタイルなど、健康に最も注意すべき高齢者こそ、アップルウォッチが最適だ。

これに今後血圧なども測れるようになれば、言うことはないだろう。

こうした情報が担当医や家族と共有されることで、医療的なサポートは圧倒的に改善されるのではないか。

ずっと身につけて、健康状態と共に場所が把握できるという意味では、老人の一人暮らしなどでも、周囲は安心だ。

徘徊や夢遊病などの症状がある人にも、効果的だろう。家から気づかないうちに出てしまった場合でも、ウォッチから家族や医者へ連絡が行く設定があれば、面倒をみている家族の負担は大きく減らすことができる。

一見すると、Apple Watchは老人には画面も小さいし、向いていないようにも見える。

でも健康管理という意味合いでは、画面の大きさなどは、大した問題ではないのかもしれない。

未来ではウォッチではなく、体内にチップを埋め込んで、こうした情報が容易に取得できるのだろう。

アップルウォッチの恩恵を最も受けるのは高齢者だ。

間違いない。

ただ高齢者がこうしたアーリーアダプター好みのSmart Watchを日常的に使うまでには、やはり時間がかかってしまうだろう。

アリヴェデルチッ!

(2015年3月13日「yubu23.com」より転載)