ニュース

中国、EUとのFTA独自交渉開始か

2013年05月07日 20時00分 JST | 更新 2013年05月07日 20時00分 JST
Reuters

欧州連合(EU)と米国が自由貿易協定(FTA)締結交渉を開始することについて、中国当局が懸念を示していたことが7日、EU高官の話で明らかになった。

同高官によると、中国もEUとFTA協定締結に向けた交渉を独自に開始する可能性を示した。

EUは中国の最大の貿易相手。EU高官は同国とのFTA締結交渉開始は「中長期的に」排除しないと述べた。

EUと米国は6月末までにFTA締結交渉を開始することで合意しているが、これについてEUのアシュトン外務・安全保障政策担当上級代表が4月末に訪中した際に、中国側が懸念を示した。

同高官によると、中国側は、米欧FTAは環大西洋経済をその他の地域から隔離するものになるのか、それとも米国と欧州の双方の経済をより開放するものになるのか懸念を示したという。

EUは米国とのFTA締結で大西洋をまたいだ貿易と投資が活性化されるため、その他の国や地域にも恩恵があるとの立場を取っており、中国側に対してもそのような説明を行ったとしている。[ブリュッセル 7日 ロイター]