Huffpost Japan

山形のベンチャーが世界初! クモ糸量産化成功の快挙

投稿日: 更新:
QMONOS
工業生産化に初めて成功したクモの糸の繊維でできたドレス=25日午後、東京・六本木 | 時事通信

 美しく輝く青いドレス。高級感のある光沢と質感も魅力的だ。実はこのドレス、人工の「クモ糸」でできている。鋼鉄よりも強靭でナイロン以上の柔軟さを兼ね備える「夢の繊維」。このクモ糸の量産化を可能にする技術開発に山形のベンチャー企業「スパイバー」が世界で初めて成功した。

山形新聞によると、

脱石油による高性能繊維の開発と生産を目指すバイオベンチャー企業スパイバー(鶴岡市、関山和秀社長)は24日、人工合成したクモ糸繊維を量産できる技術開発に成功し、世界で初めて産業化が可能になったと発表した。新素材は「QMONOS( くものす)」と命名、自動車車体などへの利用を想定している。この日、工業製品のサンプルとしてドレスを披露し、世界に向けて革新的な技術をアピールした。
山形新聞 2013年05月24日 22:04:00)

 スパイバー社のホームページによると、開発された新素材の名前は「蜘蛛の巣」を語源にした「QMONOS」。加工することで、繊維やフィルム、ゲル、スポンジ、パウダー、ナノファイバーなど様々な用途での供給が可能という。 

 同社はこれまでコストなどの問題で微量しか生産できなかった繊維を、クモ糸の遺伝子配列をすべて調べ上げ、新たに設計した遺伝子を微生物に組み込む方法で大量生産を実現したという。現在は、開発当初の2500倍にまで生産性を上げることができたという。

spiber

 クモ糸の主成分はフィブロインと呼ばれるタンパク質。クモ糸最大の特徴はその強度で、直径1センチのクモ糸で巣を張れば、ジャンボジェットを捕えることができるほどだという。また、クモにとって「命綱」として使われている牽引糸は、防弾チョッキに使用されている「アラミド繊維」に匹敵する強度と、ナイロンを上回る伸縮性を持ち、既存の化学繊維をはるかに上回る強さがある。耐熱性にもすぐれ、300度超の熱にも耐える。重さも、F1などの車体に使用されるカーボンファイバーより4割も軽量だという。

 これまで、人工合成による「クモの糸」の実用化には、欧米やアジアの数多くの研究チームがチャレンジしてきたが、技術的な課題や安全性の問題などがあり、画期的な生産法は見つかっていなかった。今回、スパイバー社が開発した技術では天然のクモ糸と同程度の性能を引き出すことができるという。

■量産は2015年から開始
 スパイバーは、今年中に愛知県の自動車部品メーカー「小島プレス工業」と共同で月産100キロ以上のクモ糸繊維を生産できる試作研究プラントを立ち上げる予定だ。

QMONOSの量産に向け、2013年中に小島プレス工業と共同で月産100kg以上のQMONOS Fiberを生産可能な試作研究プラントを立ち上げます。試作研究プラントでは、QMONOS Fiberの量産化技術検討及びQMONOS Fiberを用いたアプリケーション開発に向けた基礎検討を進め、2015年にパイロットプラントを竣工、稼働させる計画です。パイロットプラントは初年度年産10トン規模でQMONOS Fiberを生産開始する計画であり、グローバルに供給を開始します。夢の繊維といわれたクモ糸の実用化は、もうすぐそこまで来ています。
同社ホームページより)

■スパイバー・関山和秀社長「クモの糸で変わる世界」 TEDxTokyoでの講演

 関山社長は講演で「ぶつかっても人が怪我しないような車、着ていることを忘れるような防護服などを作ることができるかもしれない。クモの糸がものづくりの概念を一変させると考えている」と話した。

■会社紹介のビデオ

ハフィントンポストの人気記事

Close
「クモ」に関する画像集
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド

訂正箇所を連絡

他のサイトの関連記事

人工クモ糸繊維の量産化成功 鶴岡のスパイバー

世界初「クモの糸」量産化 自動車の車体などに利用